男性がセフレにしか送らないLINE12選|本命LINEとの違いは?

好きな男性と体の関係になるのは、女性にとってすごく幸せなことですよね。しかし、「好意があるのは私だけ?」「もしかしてこれってセフレ?」などと不安に感じることもあるでしょう。そこで今回は、男性がセフレにしか送らないLINEを12選ご紹介します。

  • 男性のLINEでセフレか本命かわかるって本当?

    好きな男性にアプローチをしたりされたり、付き合うまでの駆け引きが楽しいのが恋愛ですよね!しかし、付き合えたと思ったら、デートの場所が家ばかりだったり、会う時間がいつも夜だったりすると、自分が本当に本命の彼女なのか不安に思うこともあるでしょう。

    そこで今回は、男性がセフレにしか送らないLINEを「内容」「時間」「返信」の3つに分けて、12選ご紹介します。さらに、男性がセフレにLINEをする理由についても詳しく解説するので、送られてきたLINEの参考にしてみてくださいね。

    また、自分がセフレだと感じた時のLINEへの対応法や、セフレから脱出する方法についても併せて紹介するので、興味のある方は必見です!
  • 男性がセフレしか送らないLINE12選《内容編》

    男性がセフレにだけ送るLINEの内容を一言で表現すると「情緒不安定」です。体の関係を繋ぎとめようと「褒めるLINE」をしたり、相手をするのが面倒になって「冷たいLINE」をしたりすることもあるでしょう。反対に、寂しくなって「かまってLINE」を送るなど、気持ちの上がり下がりが激しいのが特徴的です。

    ここでは、男性がセフレにしか送らないLINEの内容編を4選ご紹介します。

    下ネタやエロい内容が多い


    男性なら全員性欲が強いというわけではありませんが、溜まってきたら出して発散したいと考える人が多いのも確かです。もちろん1人でも性欲処理をすることは可能ですが、お金もかからずケアをすることもなく性欲を発散できるのであれば、女性とセックスした方が何倍も気持ち良いはずです。

    男性にとってセフレという存在はその程度にすぎないため、本命彼女には送らないような下ネタも平気でLINEしてきます。「もしここで嫌われても、また次のセフレを探せばいいや」くらいのノリなので、エッチな写メをLINEして欲しいとリクエストすることもあるでしょう。

    一言や短文で済ませたがる


    セフレとは「セックスフレンド」の略で、その名の通りセックスをする友達を指します。セックスをして性欲処理だけできれば良いというのが男性の本音です。深く関わりたくないので、LINEのやりとりは基本的に面倒に感じていることがほとんどでしょう。

    しかし、「ここで返信を無視すれば、次のセックスの約束ができなくなる」と頭の片隅で考えているため、たった一言だろうとLINEを返します。女性が振った話題に対して「そうなんだ」「すごいね」などと興味なさそうなLINEが返ってきたら、セフレである可能性が高まるでしょう。

    スタンプだけで返信する


    彼に対して「好き」「愛してる」などといった内容は、恥ずかしくてなかなか伝えられないという女性も多いのではないでしょうか。そんな時に便利なのが、LINEのスタンプ機能ですよね。LINEのスタンプには、照れている表情をしたスタンプや、ハグやキスをしているスタンプなど、種類が豊富にあります。

    そして、男性がセフレとのLINEに多用するのも、このLINEスタンプなのです。セフレの女性から愛の言葉をLINEで伝えられると返信に困りますが、恋愛系のスタンプを上手に活用すれば、好意があることを匂わせることができます。

    寂しい時の話し相手


    女性から来るLINEに対しては素っ気ない返信を送っているのに、自分が寂しくなると、わりとまともな内容のLINEを送る傾向にあります。男性はプライドの高い生き物なので、愚痴を吐くことはもちろん、自分の弱い姿も本命の彼女に見せようとはしません。そのため、物事がうまくいかず不意に寂しくなったときは、恋愛感情のないセフレに相手をしてもらうのです。

    ここで、「俺がこんなに弱音を吐けるのは君だけだよ」などとLINEがくると、「あなたには私しかいないんだ!」と舞い上がってしまうことでしょう。しかし、単に寂しさを紛らわす相手である可能性もあるので、日頃のLINEが素っ気ないかどうかを確認してみてくださいね。