「恋が辛い」と感じる瞬間とは?【ケース別】対処方法を一挙公開!

  • ケース別!辛い恋の対処法《不倫編》

    報われないことの多い「不倫」では、恋が辛いと思う機会も多いでしょう。不倫する中で辛い思いを味わったら、どう対処していくことができるでしょうか。

    自分のものにならないと割り切る


    付き合えない、本命になれないなど、不倫では恋そのものが辛いと感じるでしょう。しかし、相手は既婚者ですから、元々「自分のものにならない」という前提があってのスタートだったはずです。ここは割り切るしか方法がないのかもしれませんね。

    「二番目でもいい」「たまに自分を見てくれるだけでいい」と、高望みせず相手を待つことしかできません。相手を失いたくないなら、不倫では「割り切る」ことが必要なことも多いでしょう。

    思い切って別れる


    会いたい時に会えず、電話したい時に電話できないなど、不倫は辛い状況が多いです。一緒にいられる時は幸せを感じられますが、そんな時でも「相手には配偶者がいる」と寂しい気持ちにもなるでしょう。

    不倫では、辛い状況や思いを抱えることが多いため、思い切って別れることも考えてみてください。いつまで思っていても、どんなに耐えても、あなたの元に相手が来てくれる保証はありませんよね。現実的に考えて、思い切って別れてしまうことの方が、あなたにとって幸せになれる方法かもしれません。

    不倫ではない恋を知る


    当たり前のことが当たり前にできない不倫。当然辛いと感じる場面も、普通の恋以上に多いです。また、辛い思いを友達にすら相談できないことで、辛さが増しているでしょう。

    一度不倫から離れて、当たり前の幸せを味わえる「普通の恋」を知るいい機会かもしれません。自由に気持ちを伝えられる恋、我慢しなくていい恋が、どれだけ楽しいかがわかるはずです。

    不倫ではない恋を知るチャンスだと捉えて、新しい出会いを求めたり、他の異性と関わってみることをオススメします。

    明確な期限を決める


    いつまで思っていればいいのか、いつまで待っていればいいのか、ゴールが見えない恋が不倫です。この辛い思いにいつまで耐えればいいのかと、不満すら感じているのではないでしょうか。

    不倫で辛いと感じることが多くなったら、あなたの中で明確な期限を設けてみるのも方法です。半年後、一年後など、「この日まで」というタイムリミットを設け、それ以降は「やめる」を選択すると良いでしょう。

    タイムリミットまでは耐え、ひたすら相手を待って後悔しないようにします。しかしタイムリミットがきたら潔く諦めてしまうのです。そして、その悔しい思いや叶えられなかった思いを、次の新しい恋にぶつけましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)