先生を好きになった…生徒が教師に恋する理由と注意すべき点とは?

先生を好きになってしまった、という経験はありますか。なぜ生徒は先生を好きになるのでしょう。今回は、生徒が先生を好きになる理由や、注意点を紹介します。好きという思いだけで行動すると危険なのが、生徒と先生の恋です。お互いにとってリスキーな事態にならないよう、この記事をぜひ参考にしてみてください。

  • 先生を好きになった…どうしたらいい?

    学校の先生を好きになってしまった!という経験はないでしょうか。何十年も前から、先生と女子生徒の恋愛を扱ったドラマや漫画があるように、女性にとって先生との恋は憧れでもあります。今回は、先生を好きになる理由や、好きになったときにどうしたらいいかを紹介します。

    先生を好きになる生徒は多い


    「禁断の恋」と言われる先生と生徒の恋愛ですが、先生のことを好きになる生徒は意外と多いようです。中学生や高校生にとって、親以外の大人が学校の先生ですね。同じ大人でも、「あなたのためだから」「あれをしなさい、これをしなさい」と口うるさく言う親とは違う存在です。

    中学生になると、ほとんどの女性が初経を迎えているでしょう。中学生、高校生は体も心も大人に近づきます。そういう時期だからこそ、先生という大人の存在を意識して好きになってしまうのです。
  • 生徒が先生を好きになる理由とは?

    生徒と先生は、学校という特別なところで出会った特別な存在ですね。自分が選んだ高校で出会った先生だと、「運命かも!」と思うかもしれません。ここでは、生徒が先生を好きになる理由を紹介します。

    大人な雰囲気に魅力を感じる


    先生の大人な雰囲気に魅力を感じるのは、先生を好きになる理由のひとつです。中学生や高校生からすると、世間では若者の範疇に含まれる20代の先生にも、大人の雰囲気を感じるのではないでしょうか。

    車を運転しているというだけで、同級生の異性とは印象が違いますね。落ち着いた様子や、仕事を真面目にしている姿も魅力的に感じることでしょう。

    そんな大人の雰囲気の先生に甘えたい、頼りたいという思いから、先生のことを好きになるのです。同級生の異性が子供に見えてしまうかもしれませんね。

    刺激的な「禁断の恋」に燃える


    生徒と先生の恋愛は、いつの時代も「禁断の恋」です。その刺激的な禁断の恋に燃えてしまうのも、先生を好きになる理由です。

    世間ではダメだと言われる先生との恋、友達にも親にも言えない秘密の感情、そのような「禁断」が余計に生徒の心を燃え上がらせることでしょう。

    毎日顔を合わせる身近な存在だから


    先生は学校で毎日顔合わせるため、意識しやすい存在です。担任の先生なら週5日、教科担当だとしても週2~3回は顔を合わせることになるでしょう。部活動の先生なら土日も会うことになるかもしれませんね。

    会いたくなくても会ってしまう、先生とはそういう特別な存在なのです。毎日顔を合わせるうちに、先生に意識が向いて好きになってしまいます。

    親身になってくれる


    生徒にとって、先生は親身になって話を聞いてくれる存在です。勉強や進路のこと、友達との悩み、家族の悩みなど、親身になって話を聞いてくれる先生はどの学校にもいますね。そんな先生は生徒から慕われ好かれやすいです。

    同級生にはない大人の雰囲気で真剣に話を聞いてくれて、経験豊富な大人の意見を聞かせてくれる先生は頼りになるでしょう。悩み相談をしているうちに、先生を好きになってしまうのは想像がつくかもしれませんね。

    同級生が幼く見える


    大人に近づこうとしている10代にとって、先生は憧れの大人です。特に女子は、同学年の男子よりも速く大人への階段を登っていく傾向があります。そのため、女子高生の目には同級生の男子は幼く見えることもあるのです。

    毎日顔を合わせる存在という点では、同級生も先生も同じですよね。しかし同級生ではなく先生の方を好きになる女子がいるのは、同級生が幼く見えて、落ち着いた大人の雰囲気の先生が魅力的に感じるからなのです。

    女子校だから異性は先生だけ


    女子校に通う生徒にとって、異性は先生だけです。学校の中に女子生徒しかいなければ、男性と関わる機会がなく、男性というだけで意識してしまうのではないでしょうか。日常生活の中で関わる異性が先生だけなら、先生を恋愛対象として意識することもあるでしょう。