告白に失敗して気まずい…その後の行動パターンと上手な振る舞い方

  • 失敗しても諦めない!2回目の告白を成功させるコツ

    2回目の告白をするには、タイミングとコツがとても重要です。失敗したけどまた告白したいと考えている方のために、2回目の告白を成功させるコツを紹介します。

    紹介している内容を参考にして、ぜひ2度目の告白に挑戦してみてください。

    すぐに告白せず時間をあける


    失敗した後に再度告白する場合は、タイミングが重要です。相手が忙しそうにしていたり、恋愛をしたくないと感じている時に告白しても、効果的ではないですよね。恋愛以外のことが忙しいから、という理由で振られた場合は時間をあけましょう。

    「また時間ができたら話そう」「仕事頑張ってね」など、相手を気遣うことが大切です。そうすることで「この人は思いやりのある良い人だな」と、相手もこちらの存在を意識してくれるかもしれません。

    時間をあけてもう一度相手のことを考えてみて、冷静になってみましょう。

    「2回目」を意識せず一から始める気持ちで


    相手を知った気でいて、自信満々で告白したけど失敗した、というパターンも少なくありません。相思相愛だと思っていたのに、相手は自分のことを全く意識していなかったなど、気持ちのすれ違いが原因で振られてしまうことも多数あるようです。

    振られたけどまた告白したい、どうしたらいいの?と悩んでいる方は、また1から始める気持ちで告白に挑んでみましょう。また振られたらどうしよう…とネガティヴなことを考えていると、相手にマイナスな印象を与えてしまうかもしれません。

    2回目を成功させるためにも、初心に戻って相手に気持ちを伝えましょう。

    前よりも仲良くなって相手を知る


    好きな相手と両想いになり付き合うには、相手のことをよく知るのが一番大切だと言われています。日本人は真面目な性格の人が多いので、付き合う前から相手のことを知っておきたい、と思う人が多いようです。

    なので、振られた理由も、相手があなたのことをよく知らないからかもしれません。相手のことをもっと知ってからアタックした方が告白の成功率は上がると思うので、相手とコミニュケーションを取るように心がけましょう。

    相手と頻繁に会えない場合には、定期的にLINEをするなど、仲良くなれるように行動してみましょう。

    振られてもネガティブ思考にならない


    勇気を振り絞って告白したのに失敗した、自分に自信がないなど、ネガティブに考えてしまうこともありますよね。もしかすると、そのネガティブ思考が原因で恋愛が上手くいかないのかもしれません。

    なぜなら、ネガティブに考えてしまう人は、他人と自分を比較して「自分はダメだ」「自信がない」と自分自身をさげすんでしまう傾向があるからです。恋愛が上手くいかなくても何とかなる!とポジティブに考えた方が、心へのダメージは少ないですし、恋愛が成就する可能性も高いと言えます。

    ネガティブになっている自覚がある方は、なるべくプラスに考えるようにしてみると、心も楽になるかもしれません。

    会って直接気持ちを伝える


    LINEや電話での告白よりも、直接会って気持ちを伝えた方が効果的と言われています。面と向かって「好き」と伝えるのは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、直接伝えた方が気持ちが伝わりやすく、成功率も高いようです。

    再度告白して成功した例として、1回目の告白で失敗し、2回目に告白をした時には直接会って想いを伝えたらOKしてもらえた、というケースもあります。相手に気持ちを100%伝えたい場合は、思い切って直接会って気持ちを伝えてみましょう。