告白に失敗して気まずい…その後の行動パターンと上手な振る舞い方

  • 告白に失敗した後に避けるべきNG行動!

    好きだった相手に振られた後は、精神的ダメージも大きく落ち込んでしまいますよね。でも、諦めなければ恋人になれる可能性も十分あります。次に、告白に失敗した後に避けるべきNG行動について解説していきます。

    相手と会う時、連絡をする時など、避けるべき行動を場面別で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    相手を無視する


    振られてしまったからと言って相手を無視すると、相手に嫌な思いをさせたり、周りにいる人達に気を遣わせてしまう状況を作ってしまいます。なので、告白が失敗しても相手を無視するような行動はなるべくしないようにしましょう。

    相手と話すのは気まずい、告白が失敗した後どうしていいのかわからないと思うのは自然なことです。ですが、無視すると相手を傷つけてしまう可能性もあるので、自然に振る舞うよう心がけましょう。

    相手に気を遣いすぎる


    自分が気を遣いすぎていると、相手もそれに気づき、2人の関係が気まずくなってしまうかもしれません。「私が振ったからこうなってしまったんだ、悪いことしたな…」と感じさせてしまうと、今後相手との関係が悪くなってしまう可能性もあります。

    自分の気持ちが整理できていない時には、しばらく距離を置いてみるのも良いでしょう。告白が失敗した後に相手と良好な関係を築きたい場合は、無理に気を使ったり自然に振る舞うのではなく、心の準備ができてから会話や連絡を始めましょう。

    何回も繰り返し連絡する


    相手に冷たい態度を取るのはNGですが、何度も繰り返し連絡するのも逆効果となってしまうことがあります。告白に失敗したのに連絡し続けると、相手に「重たい」「しつこい」と思われる可能性があるからです。

    振られる前は毎日連絡して仲も良かったから、告白後も変わらず連絡したいと考える人もいると思います。ですが、相手に面倒だと思わせないためにも、告白に失敗した後は連絡を極力控えましょう。

    告白が失敗したことを知人に言いふらす


    告白が失敗した時に、相談したりアドバイスをもらったりなど、友達と恋愛について話す人は多数いると思います。ですが、相手との共通の友人や知人に告白が失敗したことを話しすぎてしまうと、相手に嫌な思いをさせるかもしれないので気を付けましょう。

    色んな人に「告白に失敗した」と話していると、いずれは相手の耳にもその話題が入っていきます。そうなると相手に気まずいと思われて、自分から相手を遠ざけてしまうことにもなりかねません。

    相手の気持ちを傷つけないためにも、知人の間で話を広げるのは避けましょう。