告白に失敗して気まずい…その後の行動パターンと上手な振る舞い方

  • 告白が失敗して気まずい…上手な振る舞い方とは?

    頑張って告白したのにもかかわらず振られてしまったら、気まずくなってしまうこともありますよね。相手とどう接したらいいのかわからない、と悩んでいる方も多いと思います。

    自分だけが振られたから気まずいと感じているのではなく、振った相手も気まずいと感じているかもしれません。相手との関係が悪くならないように、自然に振る舞って接するように心がけましょう。

    告白前と同じ態度で接する


    振られたからと言って、相手を避けるような行動をしたり無視したりすると、相手との関係が悪化する原因となってしまいます。告白してくれたのに避けられてると思うと、相手も気まづくなってしまうので、なるべく自然な態度を取るようにしましょう。

    相手に不快感を与えないためにも告白前と同じ態度で接し、相手が傷つくような態度は控えましょう。自然な態度で接していれば、友達として仲良くなり距離が縮まることもあります。

    しばらく距離を置いてから連絡する


    異性に自分のことを意識させるには、いきなり連絡を絶つことも効果的です。毎日連絡が来ていたのにいきなり連絡が途絶えると、どうしたのかな?と相手も気になるからです。告白が失敗した時には、思い切ってしばらく距離を置いてみましょう。

    そうすることで、相手に自分を意識してもらうことができます。この方法は相手が自分に気持ちがなくても効果的なので、しばらく距離を置いてから、再度アプローチしてみましょう。

    積極的に話しかける


    告白されて断ったものの、相手を意識するようになってしまって気まずい…と感じる女性、男性も多くいるようです。相手に気を遣わせないためにも、積極的に話しかけてみましょう。話しかけることで、相手に好印象を与えることもできます。

    積極的に話しかけるのは、同僚や学校の同級生など、身近な人に告白した場合が効果的です。自ら話しかけることで相手に安心感を与え、告白前よりも距離が縮まるかもしれません。

    振られた後も相手と良好な関係を築きたい場合は、積極的に話しかけてみましょう。

    なるべく明るく振る舞う


    振られた時は落ち込み、傷ついてしまうものですよね。だからと言って相手の前でネガティブな発言をしたり、落ち込んだ態度を取っていると、相手に「自分が傷つけてしまった…」と思わせてしまうかもしれません。

    たとえひどく落ち込んだとしても、相手の前ではなるべく明るい態度でいるように心がけましょう。そうすると、相手もギクシャクしないで接してくれるかもしれません。