告白に失敗して気まずい…その後の行動パターンと上手な振る舞い方

  • 「失敗=嫌い」ではない?告白されて断る人の心理

    告白が失敗したとしても、相手が自分のことを嫌いだとは限りません。優しく真面目な人なら、もっと相手を知ってから付き合いたいと思う人もいるからです。

    次に、告白されて断る人の心理を解説します。なぜ相手は自分を振ったのか?を分析して、次の恋愛に活かしたり、同じ相手に再アプローチする際に参考にしてみてください。

    相手の事を良く知らないので断った


    告白してくれたけど、相手のことをよく知らないから断ってしまった、というパターンも少なくありません。真面目な性格で相手のことをもっと知ってから付き合いたい、という人は女性にも男性にも多くいるので、告白が早過ぎたかな?と感じる場合は、相手と距離を縮める努力をしてみましょう。

    仲良くなった後に改めて告白すると、成功することも多くあります。失敗した後に相手との関係を良好にするには、相手が思いを伝えられてどう感じたのか、を考えるのも重要です。

    突然の告白に驚いて断った


    意識していなかった相手や、ただの友達だと思っていた相手から突然告白されたら、びっくりしますよね。相手があなたを振った理由は、ただ驚いてしまっただけかもしれません。

    こういったシチュエーションの場合は、告白した後、相手にスペースを与えてあげることが大切です。断られた後に猛アタックすると、相手が引いてしまう可能性があるからです。

    相手が気持ちの整理ができるまで辛抱強く待ち、今後は異性として意識してくれるのかをさりげなく聞いてみましょう。

    恋愛に興味がない


    近年では性別や年齢に関係なく、恋愛に興味がない人が多いようです。興味がないのではなく、仕事に集中したいから今は恋愛をしたくない、勉強に専念したいなど、恋愛をしたくない、興味がない理由は様々です。

    相手が恋愛に興味がない場合は、告白しても失敗する確率の方が高いと言えます。失敗しても諦めきれない場合は、相手が恋愛をしたいと思うまで待つか、恋愛に本当に興味がないのかを聞いてみましょう。

    もし恋愛について一切関心がない場合は、諦めて次に進んだ方が幸せになれるかもしれません。

    他の人が気になっている


    告白に失敗した理由として多く挙げられるのは、相手に他に好きな人がいた、というパターンです。他に好きな人がいる時に告白されても受け入れられない、という人が多いようですね。

    相手に好きな人がいる場合の片思いは成就しづらく、気持ちを受け入れてくれない相手との恋愛は自分も辛くなってしまうことが多いでしょう。相手の気持ちが自分には向けられないとわかった場合は、連絡を取らない、次の恋愛に進むなど、諦めることも大切です。