告白に失敗して気まずい…その後の行動パターンと上手な振る舞い方

  • 告白が失敗したのはなぜ?その原因とは

    告白が上手くいかず、失敗してしまうのには原因があります。振られる理由は相手によって様々ですが、失恋から立ち直るために、まずは告白が失敗した原因が何なのかを考えてみましょう。

    焦ってタイミングを見誤った


    告白にはタイミングがとても大切で、相手のことををよく知ってから気持ちを伝えると失敗する確率は低いと言われています。

    なぜなら、自分のことをよく知らない相手に告白されても受け入れられない、という方が多いからです。特に女性の場合は、相手をよく知ってから付き合いたい傾向にあります。

    もし告白したいと考えているなら焦らずに、まずは好きな人に自分のことを知ってもらってから、気持ちを伝えましょう。

    他人の意見を聞き過ぎてしまった


    友達や知人のアドバイス、恋愛についての自己啓発本などを読み過ぎていませんか?外からの情報や意見を聞きすぎたせいで、告白が失敗してしまうケースも少なくありません。

    告白で一番大切なのは、自分の言葉で相手に気持ちを伝えること。他人のアドバイスも大切ですが、自分がどう伝えたいのかを今一度考えてみましょう。

    もし告白が失敗しても、自分は精一杯気持ちを伝えた!と次の恋愛への自信にも繋がります。

    相手は自分を好きではなかった


    好きな相手を振り向かせることは、とても難しいことです。告白したけど相手が自分のことを好きではない場合、振られてしまうこともありますよね。

    「告白されたから、好きではないけど付き合ってみよう」と曖昧な気持ちでOKする人もいますが、「好きじゃないから付き合えない」と振られるのは、相手が誠実に自分の気持ちに向き合ってくれた証拠とも言えるでしょう。

    相手に恋人がいた


    好きな相手に彼女、彼氏がいる場合は、告白の失敗率は極めて高いと言えます。恋人がいるとわかっていながらも諦められない時は、気持ちを伝えるのも一つの手段ですが、自分が傷つかない最善の選択をしましょう。

    もし恋人がいる相手を好きになった時は、ストレートに告白せずに、時間を置いて待ってみましょう。相手と恋人との関係を観察して、もし2人の関係が上手くいっていない場合はチャンスがあるかもしれません。