キスの相性でわかる!彼氏・彼女の相性は抜群?それとも悪い?

  • 相性抜群?男性を虜にする気持ちいいキスの仕方

    キスの相性が良いかどうかの判断の仕方は人それぞれで、相性に加えてテクニックや自分の感情も影響してくることが分かりました。

    では、ここからは実践編です。男性が夢中になれるようなキスの仕方やテクニックを覚えて、大好きな彼を虜にしましょう。

    目を見ながらキスをする


    男性は女性の上目遣いに弱いものです。男性の方が背が高い場合、顔を近づけると自然と上目遣いになりますよね。そのまま男性の目を見ながらキスをしてみてください。

    近い距離で目を合わせるのは恥ずかしいものです。ですが、目を合わせるだけで愛情を確認し合えますし、恥ずかしさが興奮にも繋がります。少し照れたような表情をするのも効果的です。

    目を合わせるのが難しい場合は、上目遣いで彼の目を見て、その後すぐに目線を下に逸らしてください。相手にはシャイで可愛らしい女性に見えるはずです。

    小さく声を出す


    彼とのキスが盛り上がってきたタイミングで、上手に小さな声を出してセクシーさを演出してみましょう。「んっ…」や「はぁ…」のような吐息で、彼の興奮を誘います。唇を離したタイミングで、大きく息を吐くのも効果的です。

    吐息は女性にしか出せない色気です。小さな喘ぎ声を連想させるので、一気に男性の興奮度も高まるでしょう。あまり、大きくリアクションしすぎるとわざとらしく聞こえてしまうので、最初は控えめに挑戦してみてください。

    シチュエーションに合わせる


    キスの種類には、小鳥のような「チュッ」というキスや、「ぶちゅーっ」と強く唇を合わせるキス、ディープキスや相手の唇を挟んだり甘噛みしたりするような濃厚なキスなど、たくさんの種類があります。

    いつも一緒のキスでは、飽きてしまうこともあるでしょう。そうならないためにも、相手の様子や場所、シチュエーションに合わせて、いろいろなキスを試してみましょう。

    「行ってきます」や「おかえり」のキスは挨拶程度の軽いキス。久しぶりに会ったときは、少し長めのキス。お泊りのときは濃厚なキス。このように使い分けることで、さまざまな感触や感情を感じ取ることが出来ます。

    相手のテンションに合わせる


    相性の良いキスは、自然と息が合ってきます。軽いキスから、少しずつ舌を絡ませ、だんだんと激しくなるキスもありますよね。そんな時は、相手のテンションや興奮度に合わせてあげてください。

    彼が激しいキスをしているのに、彼女が完全に受け身だと、盛り上がるものも盛り上がりません。相手の唇や舌の動きに合わせて、強弱をつけながらキスを試してみましょう。

    時には積極的に


    女性はキスやセックスで受け身になりがちです。ですが、実は男性は女性に積極的になってほしいと感じているのです。

    いつも彼の様子をうかがって彼に合わせるのではなく、時には自分から積極的なキスをしてみてください。きっと彼氏は、普段とのギャップにキュンとするはずです。

    唇のケアは必須


    キスが気持ちいいと感じるかどうかは、唇の感触によっても変わります。そのための唇のケアは必須なのです。

    彼とキスをする可能性のある日は、しっかり保湿ケアをしてぷるぷるの唇を準備しておきましょう。また、口臭のケアも忘れてはいけません。口元の産毛などもきちんと処理しておくのがいいでしょう。

    他の何にも気を取られず、キスに集中できる状態にしてこそ、気持ちのいいキスを実現できます。