「勘がいい人」の特徴とは?勘を鍛える方法や鈍い人との違いも解説!

  • 勘がいい人向けの職業5選!

    ここまでを読んで「私、結構勘がいいかも?」と思った人も多いはず。では、そんな人にはどのような職業が向いているのでしょうか。

    警察官


    警察官が勘の良さを必要とする職業であるのは、イメージしやすいですよね。少ない情報から真実を明らかにする能力が求められます。

    また、職務上たくさんの人と関わる職業でもあります。相手の感情や考えを機敏に察知する能力が求められる機会は多いでしょう。

    医者


    医者は科学に関する職業なため、一見すると勘がいいかどうかは関係ないような気がするかもしれません。しかし、患者から得られたデータを基に適切な診断をするには、鋭い勘が不可欠です。

    なぜなら、異なる病気でも同じ症状が出たり、症状に差があっても原因が同じだったりするから。このような境界線のはっきりしない情報から正解を導くには、知識と経験に裏付けられた勘の鋭さが欠かせません。

    営業職


    営業職といえば、対人接触の多い職種として筆頭にあがるでしょう。相手の要望を的確に把握したうえで、こちらの要望も叶えなければなりません。

    また、感情的にも気持ちのいいやり取りができるよう、さまざまな配慮が求められるでしょう。このような場面では勘の鋭さがモノを言います。

    教師


    教師の仕事は、知識や技術を生徒に教えることだけではありませんよね。学校生活で困っている生徒がいないか、何か問題が起きていないかを、生徒たちの様子から察知する必要があります。

    察知できずに問題を放置していれば、生徒たちからはもちろん、保護者からも信頼を失うことに。特に昨今はそういうニュースが多いため、学校では勘がよく生徒たちに配慮できる先生が求められているでしょう。

    クリエイター


    ファッションデザイナーなど、創作活動に係る職業も勘がいい人にぴったり。なぜなら、どのような作品が世間で受け入れられるかを考えるには、雑多な情報から必要なものを見抜く能力が欠かせないからです。