「勘がいい人」の特徴とは?勘を鍛える方法や鈍い人との違いも解説!

  • 勘がいい人になるための方法

    誰だって「勘が鈍い」と言われるよりは、「勘がいい」と言われたいもの。では、勘がいい人になるにはどうすればよいのでしょうか。

    周囲をよく観察してみる


    まずは周りをよく観察するところから始めましょう。観察力は日々の努力によって養われます。

    これまであまり周囲に気を配らなかった人は疲れてしまうかもしれません。しかし、普段から観察することを心がけていれば、次第に慣れていくもの。そして、慣れることができれば、観察力や集中力が身に付いたということです。

    推理モノの小説や映画に触れる


    勘がいい人になるには、観察によって得た情報から隠れた事実や未来を推測する力も必要です。その練習としてうってつけなのが、推理モノの小説や映画です。

    そういった作品は、犯人逮捕に至るまでさまざまなヒントがちりばめられています。物的な証拠はもちろん、登場人物の発言や態度も判断材料になるでしょう。

    たとえ予想を的中させられなくても、少ない情報から正解を予想する姿勢が養われます。このような練習を続ければ、日常生活でも鋭い察知や判断が可能になるでしょう。

    新しいことに挑戦する


    適切な判断を下すためには、知識や考え方などの材料が欠かせません。つまり、勘がいい人になるには、たくさんのことを知らなければならないということ。

    そのため、普段は触れないようなことに新たに関わってみるとよいでしょう。特に、閉鎖的で自分の殻にこもりがちな人は、新しいことに挑戦するとグッと世界が広がるはず。そうして得た経験や知識は、その後の人生における糧となります。

    直感を信じる


    どんなに勘が養われても、それを基に決断を下さないのであれば意味がありませんよね。しかし、これまで勘が鈍かった人は自信がないため、いきなり直感で物事を判断するのは難しく感じられるでしょう。

    始めは少しずつでもいいので、勘に従って決断してみましょう。失敗する可能性もありますが、それはあれこれ悩んで決断しても同じ。失敗と成功を繰り返しながら、勘を磨いていくしかありません。

    固定観念を排除する


    せっかくいい勘が働いても、固定観念によって蓋をされることがあります。これでは勘を磨いても、発揮されないまま錆びついてしまうかも。

    固定観念に凝り固まっていると、結局いつも同じ選択をすることになります。逆に、固定観念に捕らわれなければ、目の前にはたくさんの選択肢が広がるはず。立ち止まりそうになったら「これってただの固定観念かも?」と考えてみましょう。

    集中力を身につける


    自分の世界に浸っていたり、ぼんやりと考え事をしていると、勘のいい人にはなれません。周囲に注意を配り、些細なことにも気づける集中力が必須。職場や学校では集中力を維持できるように意識しましょう。

    ただし、集中力は養えば無限に身に付くものではありません。どんな人でも、注意に割くことができるリソースには限度があるもの。たとえば、職場でキリッとしている人ほど、自宅ではぐうたらしがちなのはよくあることです。

    そのため、まずはスイッチのオンオフを上手に切り替えることが大切。休憩時間やプライベートな時間はしっかり休息し、注意が必要な場面のために力を残しておきましょう。