「勘がいい人」の特徴とは?勘を鍛える方法や鈍い人との違いも解説!

  • 女性の方が男性より勘がいい?その理由とは

    「女の勘は鋭い」とよく言われますよね。ただの迷信のようですが、実はある程度の根拠があると言われています。

    男性と女性は脳の作りが違う


    男性と女性ではそもそも脳の作りが違うという説があります。「男性と女性は違う生き物だ」とよく言われますが、これはあながち間違いではないのかもしれません。

    たとえば、一説によると、男女の脳は脳梁の太さが異なるのだそう。脳梁とは、左脳と右脳をつなげる橋のような存在。これが太いため、女性のほうが左脳と右脳の連携が得意だとされています。

    左脳と右脳の連携がスムーズだと、幅広い情報を処理する力に秀でます。この能力が、膨大な情報から必要なものを選び取る能力である勘の鋭さに関わっています。

    本能的に危機察知に長けている


    女性は男性と違い、赤ちゃんを産み育てることができますよね。育てること自体は男性でもできますが、昔から基本的に女性が担う役割とされていました。男性が狩りに行っている間、女性は自分たちで弱い赤ちゃんを守る生活をしていたのです。

    このような経緯が、女性の本能的な危機察知能力を養いました。男女で脳の構造が違うとすれば、こういった背景が関わっているとも考えられそうです。

    周りへの関心が強い


    女性は男性に比べて人間関係が密接。この特徴は子供の時から現れるため、実感している人も多いのではないでしょうか。たとえば、小学校や中学校では、女子のほうがグループでの関わりが強いですよね。

    これも、昔から女性のほうがグループ内でのコミュニケーションを重視してきたからだと言われています。男性がいない間に子供を守るには、女性たちの間で固い結束が必要でした。そして、そういった人間関係を円滑にするには、周りの人への関心が不可欠です。

    こうして養われた周囲への関心が、勘の鋭さに関係しているのでしょう。逆に、男性は周囲に配る関心が少ない分、一つの物事に集中する能力に長けているのが特徴です。