「勘がいい人」の特徴とは?勘を鍛える方法や鈍い人との違いも解説!

  • 勘がいい人と鈍い人の違いとは?

    ここまで、勘がいい人と鈍い人の特徴を見てきました。では、両者を比較するとどのような違いがあるのでしょうか?

    予測する力があるかどうか


    勘がいい人は常に先のことを考えています。人よりも二手も三手も先のことを考えているから、普通の人が気づかないようなリスクを発見できるのです。そして、先のことを考えるために、普通の人よりも現状を観察しています。

    一方、勘が鈍い人は、そもそもあまり先のことを考えていません。考えようとしても、予測に必要な情報を普段から観察によって取得していないため、うまくいかないのです。勘がいい人になるには、少しでも先のことに意識を向けましょう。

    物事に対する理解力があるかどうか


    たくさんの引き出しを持っているのも、勘がいい人の特徴です。どのような状況では何が起こりやすいのか、どのような人がどういう行動をとりやすいのかを理解しています。そして、それらの理解した事柄を組み合わせて物事を察知し判断します。

    つまり、そもそも物事への理解がない人は、察知や判断のための材料を持っていないということです。どれほどやる気や思考力があっても、判断材料がなければ判断のしようがないため、勘は鈍くなります。

    よく物事を考えているかどうか


    面倒だからと、物事を考えるのを途中で放棄してしまっていませんか?たしかに、時には難しいことを考えることを止めて、とりあえず仕事に集中しなければならない場面もあります。

    しかし、勘がいい人は基本的に物事をよく考えています。人が気にしないようなことも、頭の中で「なぜこんな事態になったのか」「次はどうすればいいのか」と熟考していることが少なくありません。

    こうして考えて得られた意見や発想が、その後の人生に活かされます。何か迷った時には、その意見や発想をもとに決断を下せます。十分に考えてきたため、いざ決断するときには深く考える必要はありません。

    他者のことを考えているかどうか


    自分のことばかり考えていては、勘がいい人にはなれません。勘がいい人は「困っている人はいないか」「仕事は順調か」など、周囲の人物に配慮しています。そして、このような配慮が、他者の感情を理解するためのトレーニングになっているのです。

    職場の人間関係のトラブルを回避したり、恋人の浮気を察知するには、他者の感情への理解が不可欠。そのような場面で勘を発揮する人は、普段から周りの人を見ています。逆に、周りの人に関心を持たない人は勘が磨かれません。