「勘がいい人」の特徴とは?勘を鍛える方法や鈍い人との違いも解説!

  • 勘がいい人の特徴《続き》

    勘が鋭い人の特徴はまだまだあります。もう5つほど見てみましょう。

    集中力がある


    勘がいい人は集中力に長けています。なぜなら、物事を注意深く観察するには集中力が欠かせないから。

    たとえば、会話するときには、会話内容や言葉のチョイス、声のトーンや表情など、細かい部分まで集中して観察しています。そして、それを基に推測や判断を同時に行うこともできます。

    直感で物事を判断する


    あなたは普段何かを決定するとき、どうしていますか?一晩じっくり悩む人もいれば、友人や家族に相談して決める人もいるでしょう。

    しかし、勘がいい人は直感に任せて即決即断する傾向にあります。なぜなら、勘がいい人はこれまでも勘を基に判断を下し、それで成功してきたから。勘が鋭いから自信がつき、自信があるから自分の勘を信じて行動に移せるという、良いループができているのですね。

    固定観念にとらわれない


    固定観念とは凝り固まった考え方のこと。たとえば「家事は女がするもの」「何事も一生懸命頑張るべき」などが固定観念に該当します。これらはすべてが間違いではないでしょうが、勘を鋭くするうえではNG。

    なぜなら、固定観念があると判断に迷いが生じるからです。「ここは逃げるべきだ」と勘が告げても、「途中で投げ出すのは恥ずかしいこと」といった固定観念があると逃げ出せませんよね。つまり、勘が鋭くそれに従って行動できる人は、固定観念に惑わされていないといえるでしょう。

    出世している


    勘のいい人は、会社で高い役職に就いていることが多いと言われています。出世するには、人間関係を円滑にしたり仕事で失敗を回避したりする力が必要になるからです。

    また、仕事で成功するには、自分に合った職業に就くことも大切。勘のいい人は自分が適性のある職業を選びだす能力もあるため、出世しやすいといえます。今の職業が自分に合ってないなと感じたら、勘を信じて転職するのもアリかもしれませんね。