「勘がいい人」の特徴とは?勘を鍛える方法や鈍い人との違いも解説!

  • 勘がいい人の特徴

    勘がいい人には共通した特徴があります。もしその特徴に自分が当てはまるのなら、あなた自身も勘が鋭い人なのかもしれません。では、代表的な特徴を見ていきましょう。

    観察力がある


    勘が鋭い人は、普段からいろいろなものを観察しています。よく観察しているからこそ、些細な変化や異変に気づけるのだと言えるでしょう。

    たとえば、彼氏の浮気に気づく「女の勘」は、普段から彼の行動を観察しているからこそ発揮されるもの。これは、彼氏のことを大切に思っている証拠でもあります。初めから彼に対して無関心であれば、細かい変化に気づくはずがないからです。

    危険を察知するのが得意


    隠れたリスクを察知してトラブルを回避するのが得意なのも、勘がいい人の特徴です。なぜなら、トラブルはいつもと違う状況で発生するものだから。細かい違いに気づくのが得意な勘がいい人は、その状況の違いも事前に察知できます。

    あなたの周りにも、要領よく立ち回って、大きな失敗やトラブルをたくみに避けている人はいませんか?その人は鋭い勘の持ち主といえるでしょう。

    人生経験が豊富


    勘の鋭さは生まれたときに決まるものではありません。その後の経験によって磨かれるものです。そのため、多くの経験を積んできた人ほど勘が鋭い傾向にあります。

    さまざまなことを察知するためには、それが普段どのような状態なのかを知ることが大事。たとえば、恋人の異変を察知できるのは普段の恋人の姿を知っているからです。つまり、たくさんのことを経験し、知識が豊富なほど勘が鋭くなるのですね。

    頭脳明晰


    人は普段、膨大な情報にさらされています。人の顔を見るだけでも、視線の動きや表情、身振り手振りなど、さまざまな情報が頭に流れ込んでくるもの。勘がいい人は、それらの情報の中から必要なものを瞬時に選びだしているのです。つまり、それだけ頭の回転が速いと言えるでしょう。

    疑り深い


    必要に迫られて勘を磨いてきたタイプの人もいます。たとえば、過去に手ひどく騙された人は勘が鋭くなるはず。次は騙されないように、注意深く相手を観察するからです。

    相手が信頼できる人なのかどうか判断するために、会話や表情に細心の注意を払っています。何か不審な点があればすぐに察知。このことからも、人生経験が豊富なほど勘が磨かれることが分かりますね。