中学生もキスしたい!基本のキスの仕方とキスする方法8選【保存版】

  • 中学生がキスしたいと思う瞬間とは?

    中学生だってキスしたいと思う瞬間があります。その瞬間を知ることで、自分の恋愛に活かすことができ、より相手の心を掴むことができるでしょう。特に次に挙げる瞬間は、中学生が特にキスしたくなる瞬間です。

    顔が近づいた時にキスしたい欲が刺激される


    好きな人の顔が自分の顔に近づいた時、そんな瞬間は大人でも中学生でもキスを想像してしまうでしょう。このままキスをしたら相手はどんな顔をするんだろう、唇は柔らかないのかな…など、キスに不慣れな頭で色々と考えるものです。

    特に中学生はキスに不慣れな年代ですから、相手の顔が近づいた瞬間はあれこれと想像します。唇の柔らかさやキスの味など、体験したことのないことに対して妄想するでしょう。相手の唇に目を奪われてしまう人もいるかもしれません。

    顔が近づいた瞬間は特に唇の動きが分かるので、勢いでキスしたくなる気持ちもこみ上げるでしょう。

    恥ずかしがる姿を見た時


    相手の恥ずかしがる姿に興奮を覚える人は、男女関係なくたくさんいます。特に自分が相手を恥ずかしくしていると自覚すると、相手のそうした姿をもっとみたいと思って、ちょっかいがエスカレートしていくでしょう。

    また好きな人が恥ずかしがる姿は、興奮以外にも胸キュンを感じます。可愛い、カッコいいという気持ちを強く感じる瞬間でもあるので、キスしたくなるのです。自分のものだけにしたいという欲求が、中学生でも湧き上がってくるでしょう。

    キスをしたらどういった反応を見せるのか、もっと恥ずかしがるのか、特にS気質な中学生がキスしたくなる瞬間です。

    相手から良い匂いがした時


    中学生にもなると自分の匂いに敏感になりますよね。特に女子力が高い人や、部活の汗の匂いが気になるという人は、制汗剤やコロンをつけるでしょう。そしてそれが良い匂いを放っていると、相手のキスしたい欲を刺激します。

    その匂いをもっと近くで嗅ぎたい、顔を近づけたいと思って、キスまで望んでしまうのです。少し変態チックな心理ですが、良い匂いはそれだけ人をリラックスさせます。匂いに加えて柔らかそうな唇が目の前にあれば、ついキスを想像してもおかしくないでしょう。

    ちなみに、強い香水のような匂いよりも、安心感を与える柔らかで控えめの香りの方が、キスしたい欲を刺激しやすいかもしれません。

    好きという気持ちを自覚した時


    大人でも中学生でも、相手への好意を自覚した時はキスしたくなります。好きという気持ちで胸が満たされるので、衝動的に唇を奪いたくなります。自分を見てほしい、自分の気持ちに気づいて欲しいとキスしたくなるでしょう。

    しかし、好きという気持ちを自覚したからといって、どこでもキスして良いわけではありません。場所やタイミングを間違えると、相手に嫌われてしまう可能性があります。

    好きという気持ちを自覚しても、衝動的にキスしないよう気をつけましょう。