「同族嫌悪」に陥る理由とは?詳しい意味から克服方法まで徹底解説!

  • 日本人は海外で「同族嫌悪」になるって本当?

    日本人は、海外で同族嫌悪に陥りやすいといわれています。どうして海外で同族嫌悪しやすいのでしょうか?それには、次のような理由や原因があると考えられています。

    日本人は同族意識が強い傾向にある


    外国人に比べると、日本人は和を重んじる生き方をしていますよね。グループの和を乱さず、個人個人が周囲のことを想うという生き方を古くからしてきたため、なんとなくそれが当たり前だと思っているところがあります。

    言い換えれば、同族意識がそれだけ強い証拠です。一匹狼ではなく、集団で行動するような特性が日本人には備わっているのでしょう。しかし海外に出れば、集団ではなく「個」が優先されるため、日本人であることを嫌ってしまうのです。

    集団でしか活動できないような自分を、自分の性質ではなく日本人の性質と捉え、日本人自体を嫌ってしまうのです。海外に行くとそんな同族嫌悪に陥りやすいとされています。

    日本人であること自体がコンプレックス


    世の中には努力して英語などの外国語を学び、移住する人たちもいます。また訳あって外国に移り住む人もいますよね。しかしどんなに長く過ごし、どんなに外国語が上達したとしても、不意に思い出すのは「自分は日本人である」ということ。

    自分はその場に馴染み、現地の人のように暮らしているけれど、結局は日本人です。生まれを変えることも、人種を変えることもできないのです。それを誇りに思う瞬間もたくさんあるでしょうが、外国で無力な日本人を見ると同族嫌悪します。

    「自分もああ見られているんだ」「なんて無力で惨めなんだ」と、心の中で日本人を憐れみ、日本人という事実にコンプレックスを抱いてしまうでしょう。

    嫌な日本人と一緒にされたくない


    海外に行く日本人のすべてが、上品でマナーの良い人間ばかりではありません。中にはマナーが悪い日本人もいますし、そうした人たちは日本人の品格を落とします。特に海外で過ごすことが多いと、同じ日本人のマナーに敏感になるものです。

    また同じ日本人のマナー違反や素行の悪さを見ると、「自分もああ見られているのかも」「同じにされたくないな」と嫌悪感を抱きます。これが同族嫌悪に繋がり、外国に来る日本人を嫌うようになってしまうのです。

    同じ日本人であっても、海外に行けばよりその悪さを見せつけられる。日本とは違う場所にいるからこそ感じてしまう同族嫌悪でしょう。

    過剰に日本マナーを持ち込みたがる


    マナーの悪い人同様に、海外に過剰に日本マナーを持ち込みたがる人たちもいます。「郷に入っては郷に従え」という言葉もあるように、一度日本から出たら、その場所の習慣や風習に従うのが常識です。

    それなのに「日本ではこうだから」「私は日本人だから」と頑なに日本らしさを持ち込みたがる人っていますよね。こうした人たちを見ることで、「同じにされたくない」「みっともない」という気持ちが強くなり、同族嫌悪に陥ってしまうのです。

    確かに日本マナーも大切ですが、海外には海外のマナーというものがあります。それに従えない日本人を見れば、同じ日本人として恥ずかしく、同時に嫌気も感じるでしょう。