「同族嫌悪」に陥る理由とは?詳しい意味から克服方法まで徹底解説!

  • 「同族嫌悪」を克服するための方法!

    同族嫌悪は、自分に大きな影を落とします。本来は、相手を憎んだり嫌いになったりしたくないのに、嫌な部分ばかりが目につき嫌悪感を露にしてしまいます。では、そんな同族嫌悪を克服するための方法を紹介します。

    相手の良い面に目を向ける


    似ている相手を恨んだり嫌ったりする同族嫌悪は、要するに悪い面にばかり目を向けているから起こるものです。そのため悪い面ではなく、相手の良い面に目を向けることで、少しずつ気持ちを良い方向へと持って行くことができるでしょう。

    特に嫌いな相手だと、嫌いな部分にばかり目が行くものです。それを意識して良い面を探そう、小さなことでも目を向けようとすることで、徐々に相手を見る目が変わってきます。そうしているうちに良い面を見つけたら、相手に対する印象が変わるでしょう。

    悪い面に目を向けていたら、頭の中で「いけない」「良い所を探そう」と前向きに考えましょう。悪い方向ばかり向いてしまうと、自分の気分も悪くなってしまうので、良い所に目を向けましょう。

    自分の嫌なところも受け入れる


    同族嫌悪は、自分の悪い部分を投影して起こります。相手に自分の悪い所を感じ、それに対して嫌悪感を抱いてしまうのです。そのため同族嫌悪を克服するには、自分の嫌なところも受け入れてあげる必要があります。

    誰だって自分の悪い所や嫌な部分には目を瞑りたいですよね。しかし嫌なものに蓋をしたままでは、いつまで経っても同族嫌悪を克服することはできません。自分の嫌な部分を認めれば、同族嫌悪を感じる回数が減っていくでしょう。

    まずはありのままの自分を許し、受け入れてあげましょう。それができるようになるに従って、同族嫌悪を感じなくなるでしょう。

    嫌悪する部分を改善する


    相手に感じる同族嫌悪は、自分の嫌悪する部分を写し出しています。そのため相手に嫌悪する部分を自分で改善すれば、それを相手に投影することもなくなってくるでしょう。これにより、同族嫌悪を感じることが少なくなっていきます。

    同族嫌悪は自分の嫌な部分を相手にも感じてしまうことから始まるため、嫌な部分を改善できれば、そもそも嫌悪感を感じなくて済むのです。性格でも見た目でも、改善するのは難しいでしょうが、諦めてはいけません。

    改善を諦めれば、いつまでも嫌な部分を相手に感じてしまうでしょう。同族嫌悪を克服するためにも、嫌悪する部分を改善する努力が必要です。

    自分に自信をつける


    自分に自信がないのも、同族嫌悪を抱く原因です。自分の弱い部分、認めたくない部分を相手に同じように感じてしまうので、嫌悪感を抱きます。自分に自信があれば、それを認めたり、逆にプラスの方へと考えることもできるでしょう。

    自分に自信をつけるには、成功体験を増やすことが大切です。小さなことでもコツコツと続けることで、大きな自信へと繋がっていきます。まずは些細な目標を立て、それを成功させるようにしましょう。

    小さなことでも成功させた、達成させたという自信が積み重なると、自分の嫌いな部分をプラスに考えられるようになっていきます。そのうち相手に感じていた同族嫌悪も、気にならなくなるでしょう。

    割り切ることを覚える


    相手に嫌な気持ちや憎むような気持ちが芽生えても、「まぁいいか」「仕方ない」と割り切ることも大切です。いちいち気にしていたら、自分の精神がすり減ってしまうだけでしょう。同族嫌悪しても、相手の悪い部分も「仕方ない」「それがあの人だ」と自分に言い聞かせます。

    また自分と似ている部分を自覚しているなら、それを認めて割り切ることも大切ですよ。相手を嫌うのは自分と似てるからだとしても、嫌に感じる部分を「仕方ない」と割り切ることで、気にならなくなります。

    全てを割り切る必要はありませんが、些細な苛立ちによる同族嫌悪は、割り切っていった方が心が軽くなるでしょう。