「同族嫌悪」に陥る理由とは?詳しい意味から克服方法まで徹底解説!

自分と似たような人を見ると、つい苛立ちや不快感を覚える。そんな感覚に陥ったことはないでしょうか?これを「同族嫌悪」といい、強い不快感や嫌悪感を覚える状態です。今回は、そんな同族嫌悪について、原因や克服方法などを紹介していきます。

  • そもそも「同族嫌悪」とは?

    自分と同じような人を見ると、嫌気が差してくることを意味する「同族嫌悪」。この言葉を詳しく説明しろと言われた時、あなたはできますか?同族嫌悪に陥る理由を知るためにも、まずは同族嫌悪の基本的なことを知っておきましょう。

    「同族嫌悪」の意味


    「同族嫌悪」とは、自分と似たような人をみると嫌悪感を抱いてしまうことを指す言葉です。例えば、同じ趣味を持つ人を見ると、なぜか嫌悪感を抱いてしまう。そんな状態や気持ちを同族嫌悪といいます。

    同族嫌悪に陥っている人は、自分と似たような人を見ると、自分の悪い部分をまざまざと見せつけられているようで不快に感じるでしょう。自分が認めたくない部分を認めざるを得ない状況になるため、相手に嫌悪感を抱き不快に感じるともいわれています。

    一見相手に嫌悪感を抱いているかのような状態ですが、実はその嫌悪感は自分に向けられているため、よりイライラや不快感を覚えてしまうのです。

    「同族嫌悪」の類語


    自分と似た人を嫌ってしまうという意味では、「近親憎悪」も類語として扱われます。近親憎悪とは、自分と近い関係のものに対して嫌悪感や恨みを抱くことを指し、その状態を表す言葉です。

    例えば、自分と近い存在である兄弟が、親に可愛がられているとします。本来であれば嬉しいことですが、自分よりも可愛がられているとしたら、それは恨みや不快の対象になるでしょう。近い存在だからこそ、より極端な感情が湧いてしまうのです。

    自分と近い存在だからこそ、その差をまざまざと見せつけられる。そんな状況は人に増悪の感情を抱かせてもおかしくないでしょう。

    「同族嫌悪」の対義語


    「自分と近い存在を嫌うこと」が同族嫌悪なら、「自分と近い存在を求めること」を意味する言葉が対義語として扱われます。同族嫌悪の対義語は「同気相求(どうしそうきゅう)」とされ、これは同じ気を持つ相手を求めることを指す言葉です。

    自分と同じような趣味、嗜好を持つ相手のことは自然と仲間として認識し、そしてより多くの同志を求めるでしょう。同じ趣味を持つもの同士は自然と惹かれ合い、互いを求めることを意味しています。

    同じ性質を持つからこそ求めあう。そんな関係を指す言葉こそ、同族嫌悪に対する言葉として相応しいでしょう。
  • 似ているのになぜ?「同族嫌悪」する理由とは

    同族嫌悪は、自分と似ている相手をみて苛立ちや不快感を覚えることです。本来、似ている相手には好感を覚えるはずなのに、どうして嫌悪感を抱いてしまうのでしょうか?その理由は、主に次のものが考えられますよ。

    嫉妬してしまう


    自分と似ているからこそ、自分のポジションを取られるのではないか、脅かされるのではないかという嫉妬を相手に感じます。似ているのに自分よりもちやほやされている、褒められている姿を見ると嫉妬するのです。

    本来であれば仲間として認識するところですが、あまりにも似すぎているために、嫉妬の対象として見てしまうのでしょう。特に相手に嫌なイメージがあると、嫉妬によって同族嫌悪を感じてしまいます。

    本当に好感度しかない相手なら、嫉妬による同族嫌悪はそう起こるものではありません。嫌な部分があるからこそ、嫉妬もより強く感じ、同族嫌悪に陥るのです。

    自己嫌悪が強い


    自分の悪い所を自覚し、さらにそれを嫌悪している場合にも、同族嫌悪に陥りやすいといわれています。自分の嫌悪している部分を見せつけられているような錯覚に陥るので、より自分のダメな部分を自覚してしまうでしょう。

    これによって、自分と似ている相手のことも「ダメな奴」「嫌な奴」として嫌悪します。基本的に自己嫌悪が強い人は、自分が大嫌いです。そのため、同じような人がいれば、自分と同じように嫌ってしまうのです。

    自己評価がマイナスになればなるほど、同族嫌悪を強く感じます。悪い部分や嫌な部分が明確になるため、より不快に感じてしまうのでしょう。

    ライバル視している


    同族嫌悪に陥ってしまうのは、自分が勝手に相手をライバル視しているからという可能性もあります。似ている相手だからこそ負けたくない、認めたくないと思い、その気持ちが嫌悪感に繋がってしまうのです。

    特に、自分と似たような性質を持つ人が自分以上の評価を得ると、さらに嫌悪感は増すでしょう。自分の方が優れているのに、どうして相手ばかりが評価されるのかと、不快感や憎悪を強く感じてしまうのです。

    また、ライバルと認めるのも嫌なので、さらに嫌悪に拍車がかかります。ライバル視していることは明らかですが、それを認めたくない気持ちもあるため、そのこともさらに嫌悪感を強くさせてしまう原因でしょう。

    自分の悪い部分を見せつけられている気分


    自分の悪い部分やダメな部分を強く認識しているからこそ、同族嫌悪に陥ります。そのため自分と似ている人のそうした部分を見てしまうと、まるで自分が悪いことをしているかのような錯覚に陥ってしまうのです。

    自己嫌悪に似た理由ですが、こちらはさらに自分の悪い部分を見せつけられている気分に陥るでしょう。自分がまるでダメだと評価されているみたいで、落ち込んだり気にしたりします。それこそ鏡を見ているような気分に陥るでしょう。

    自分の悪い部分を自覚させる相手って、誰だって苦手に感じますよね。同族嫌悪では、特にこの苦手という気持ちが悪い方へと向きやすいのです。