足ピンオナニーは男も女も危険!足ピンせずにイクための改善策とは?

  • 足ピンオナニーを改善するためのポイント

    ここからは、足ピンオナニーを改善するための大事なポイントについて詳しく掘り下げていきます。どうしても足ピンオナニーを改善したいと考えているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

    どの項目も重要なポイントなので、できればすべて守れるように練習してみましょう。足ピンオナニーをやめるためには強い意志が必要となります。「足ピンオナニーをやめたい」という意志をもって、これらの方法に取り組んでみてくださいね。

    最初はアソコに触れず焦らす


    足ピンオナニーを行っている人の多くは、すぐにイクことを重視しているのではないでしょうか。しかし、オナニーの楽しみはイクことだけではありません。じらしながらいろいろな部分を愛撫することも楽しみの一つと言えます。

    そのため、オナニーの最初はアソコには触れず、焦らすように周囲から触るようにしてください。いろいろな場所を触ることによって、新たな性感帯を見つけることができるかもしれません。また、アソコに触れずじらすことで、感度を高めることもできます。

    足を大きく広げる


    足ピンオナニーを直そうと考えている人の中には、無理に足を曲げたり、無意識のうちに足を閉じてしまっている人もいるのではないでしょうか。しかし、足を閉じてしまうと気持ち良さが半減してしまうため、逆に足ピンオナニー卒業から遠のいてしまいます。

    そうならないためにも、足ピンオナニーをやめる場合は足を大きく広げることを意識してみてください。足を広げることで足の付け根部分に力が入るため、足ピンオナニーでなくてもイクことができるようになるでしょう。

    イケなくても中断する


    長年足ピンオナニーを続けてしまっていると、普通のオナニーでイケないことが多々あります。しかし、イケないからと言って無理に足ピンオナニーを行ってしまったり、おもちゃを使ってしまえば意味がありません。

    そんな時は、一度オナニーを中断してみましょう。足ピンオナニーをやめられるまでストレスに感じるかもしれませんが、そこで足ピンオナニーに戻ってしまっては努力が水の泡です。足ピンオナニー以外で快感を得られるまでの我慢と思い、イケない場合は中断するという方法も取り入れていきましょう。

    片足だけ伸ばしてみる


    先ほどご紹介したポイントを試してみても、足ピンオナニーをやめることができない人もいるでしょう。そんな時は、完全に足を曲げてしまうのではなく、片足だけ伸ばすようにしてみてください。片足を伸ばしておくことによって、足ピンオナニーのような快感を得ることができます。

    そして片足での足ピンオナニーに慣れてきたら、徐々に両方の足を曲げるようにしてみましょう。少しずつ矯正していくことによって、ストレスなく完全に足ピンオナニーをやめることができるはずですよ。