足ピンオナニーは男も女も危険!足ピンせずにイクための改善策とは?

  • 足ピンを防ぐためのオナニーの「体位」は?

    足ピンオナニーを防ぐためには、どのような体位でオナニーを行えば良いのかご存知でしょうか?

    足ピンオナニーをするとセックスでイキにくくなってしまうため、体位によってはセックスが楽しくないと感じることもあります。足ピン以外の体位でオナニーできるようになれば、セックスでイキにくくなるのを防げるかもしれません。

    足ピンオナニーを防ぐために、オナニーの体位にも注目してみてください。これからは足ピンオナニーをやめるための体位についてご紹介しますので、ぜひ真似してみましょう。

    あぐらでオナニー


    足ピンオナニーは足を伸ばしてしまうのが問題なので、足が伸びないような体位でオナニーを行う必要があります。そこでオススメなのが、あぐらをかいてするオナニーです。このオナニーの方法は、陰部を触りやすい男性には特におすすめですが、女性でもできる体位です。

    あぐらをかいてオナニーする方法なら、足を絡めるので、強制的に足が伸びないようにすることができます。この時のポイントは、背もたれを使用して体を安定させることです。そうすることで快感やイクことに集中できるようになるので、やる際は壁か何かにもたれることを意識してみてくださいね。

    四つん這いでオナニー


    仰向けで寝ころんだままオナニーをしてしまうと、どうしても足を伸ばしてしまいがちですよね。そんな時は、四つん這いになってみましょう。四つん這いの状態であれば必然的に足を延ばすことができなくなるため、足ピンオナニーを改善することができます。

    この四つん這いになる方法は、特に女性におすすめです。普段とは違う体位になることで得られる快感も変わるため、普段とは違うイク感覚を味わうことができるでしょう。

    また、四つん這いでのオナニーは男性でも行うことができます。ただし、射精の際に布団が汚れてしまうこともあるので、タオルなどの準備は忘れないようにしてくださいね。

    椅子に座ってオナニー


    足ピンオナニーを改善するためには、椅子に座ってオナニーをするのもオススメです。椅子に座ってオナニーを行うことによって、強制的に足を伸ばせなくすることができるので、特に意識をせずとも足ピンをやめることができます。

    やる際の注意点としては、場合によっては椅子が汚れてしまうことがあるということです。そのため、やる際はタオルを敷くなどの対処をしておくと安心です。タオルを敷くことで、お尻が痛くなってしまうのを防ぐこともできて一石二鳥ですよ。

    M字開脚でオナニー


    M字開脚になることで、足ピンオナニーとは違った力の入れ方を実感することができます。通常足ピンオナニーではふくらはぎに力を入れるのですが、M字開脚では腰から太もも部分に力を入れる形となります。そのため、このM字開脚を繰り返すことで、力を入れようとするときの意識が変わり、その結果、足ピンオナニーを矯正できるのです。

    この方法は、股関節が柔らかい女性に特におすすめです。もちろん体が柔らかい男性でも行うことはできますので、試す価値はありですよ。普段とは違う体勢を意外にも気持ちいいと感じられるかもしれません。