足ピンオナニーは男も女も危険!足ピンせずにイクための改善策とは?

  • 足ピンオナニーは危険!そのデメリットとは

    先ほど、足ピンオナニーにハマってしまう人が多いとご紹介しました。とても気持ちがいい行為でもありますので、足ピンオナニーをやめようと考えていない人もいるのではないでしょうか。しかし、足ピンオナニーにはデメリットが多いという特徴があります。

    もしも、すでに足ピンオナニーを行ってしまっているのであれば、デメリットをよく理解してください。デメリットを理解することで、足ピンオナニーの危険性が分かってくるはずです。

    足ピンの状態でしかイケなくなる


    足ピンオナニーにハマってしまった人は、足ピンの状態でしかイケなくなってしまうことが多いです。そのため、足ピンオナニーにハマってから他のオナニーを試してみても、いまいち気持ちいいとは思えません。

    その結果、足ピンオナニー以外ではイケなくなってしまい、毎回足ピンオナニーを行うという無限ループに陥るのです。強制的にやめようと行動を起こさなければ、その後もずるずると足ピンオナニーを行ってしまうため、結局やめられないという状態となってしまいます。

    セックスで足ピンできる体位は少ない…


    足ピンオナニーにハマってしまったせいで、セックスが楽しくなくなってしまっていませんか?セックスでは足ピンできる体位が少ないために、足ピンオナニーのような強い快感を得られないというデメリットがあります。

    大好きな恋人とのセックスが気持ちよくなければ、関係が悪化してしまうことも少なくありません。そうなる前に、足ピンオナニーを直す必要があります。

    男女ともにセックスでイケなくなる


    足ピンオナニーを行うことで、セックスで強い快感を得られなくなるとご紹介しましたが、セックスで起きる悪影響はそれだけではありません。足ピンオナニーにハマってしまうと、男性も女性もセックスでイケなくなってしまうというデメリットも併発します。

    そのため、今までセックスでイッていた人ならば、「最近イカないのは気持ちよくないからかな…」と相手を心配にさせたり、場合によっては「自分とのセックスがつまらないのかも…」と思わせてしまうこともあるでしょう。

    パートナーと楽しくセックスを行うためにも、足ピンオナニーを今すぐにでもやめるよう意識することが大切です。