足ピンオナニーは男も女も危険!足ピンせずにイクための改善策とは?

  • そもそも「足ピンオナニー」とは?

    そもそも「足ピンオナニー」とはどのような行為のことを意味しているのでしょうか?まずは、足ピンオナニーについて詳しく掘り下げていきますので、これまで足ピンオナニーという言葉を聞いたことがない人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    また、中には知らず知らずのうちに足ピンオナニーを行ってしまっている人もいます。危険な足ピンオナニーをやめるためにも、足ピンオナニーについて知る必要があるのではないでしょうか。男女を問わず足ピンオナニーにハマる理由についてもご紹介します。

    足ピンオナニーとは


    「足ピンオナニー」とは、足をピンと伸ばしてオナニーを行うことを意味しています。オナニーは本来であれば、足を曲げたまま行うことが多いものです。しかし、足ピンオナニーは足に力を入れるため、イキやすくなることから無意識のうちに行ってしまうことが多いようです。

    また、足ピンオナニーをしてしまう人の多くは、きちんとした知識を持たずにオナニーを始めたために、足ピンオナニーをするようになってしまったようです。足ピンオナニーは癖になってしまいますので、癖になる前に足ピンオナニーをやめる必要があるでしょう。

    足ピンオナニーはなぜハマる?


    足ピンオナニーにハマってしまう人が多いとご紹介しましたが、なぜハマってしまう人が多いのか気になるところではないでしょうか。

    足ピンオナニーでは、足に力を入れることで体が緊張状態となり、緊張状態が刺激として性器へ伝わるため、普通のオナニーよりも比較的簡単にイクことができるのです。時間をかけずにオナニーを行いたいと考えているときには最適なオナニーといえますね。

    つまり、普通のオナニーを行っている時よりも足ピンオナニーは気持ちよく、またイキやすいため、やめようと思っていてもハマってしまう人が多いのです。