元彼と再会…復縁の可能性は?再会の注意点と復縁方法をレクチャー

  • 元彼と再会した時の注意点とは?

    元彼と再会するシチュエーションはさまざまですが、大きく分けると「ばったり出会う」か「約束して会う」かのどちらかになるでしょう。どちらにしても元彼に良い印象を抱かせるには注意すべき点があります。

    特に復縁したいと思っている元彼に対しては、慎重に行動しましょう。次回また会う約束ができるかどうかは、一回目のあなた次第です。それではいくつか注意点をご紹介します。

    どんな再会でも冷静に対応する


    その再会が予想外のものでも、変に焦ったり戸惑ったりするのはやめましょう。驚くのは当然だと思いますが、すぐに冷静さを取り戻すことが大切です。どうしていいかわからず、妙に馴れ馴れしく接したり、そっけない態度を取ってしまわないように注意してください。

    元彼と思うと意識してしまうでしょう。しかしあくまでも「知人の一人」という感じで接することが重要です。そうすることで元彼も、あなたと臆せず話すことができるはずです。

    思い出話は避ける


    久々の再会は懐かしくてつい思い出話をしたくなるものです。しかしそのような話はなるべく避けたほうが無難です。なぜなら楽しい思い出話でも、そこから過去の失敗やケンカのことを思い出して気まずい雰囲気になるリスクがあるからです。

    また、再会したときには思い出話をするよりも、今の話をしたほうがお互いに新鮮みを感じられます。そこでさりげなく、あの頃より成長しているところをアピールできれば、なお良いでしょう。

    未練はあっても出さない


    まだ再会しただけの段階で、未練があることがバレてしまうのは絶対に避けましょう。なぜなら、今の元彼にその気がなければ警戒されて、もう会えなくなる可能性があるからです。さらに最悪のパターンは、あなたを「都合のいい女」としてキープされることです。

    元彼にも復縁したい気持ちがあれば良いですが、それがまだわからない状態で未練があることを伝えるのはやめましょう。一度付き合った相手だからこそ、慎重にいかなければなりません。

    再会しても早めに切り上げる


    いくら話が弾んでいても、いつまでも一緒にいるのはやめましょう。良きタイミングで自ら切り上げるようにしてください。楽しいときに帰れば、元彼はもっとあなたと一緒にいたいと思うはずです。さらに、あっさり去っていくあなたが気になってしょうがなくなるでしょう。

    とにかく満足させないことがポイントです。解散した後で元彼に「また会いたいな」と思わせるように仕向けましょう。