彼氏からの連絡が少ないのはなぜ?“男性脳”を知って上手な対処を!

彼氏からの連絡が少ないと「これって普通?」「何か悪いことした?」と不安になる人も多いでしょう。連絡が少ないことには、人によってさまざまな理由があります。今回は、男性心理や男女の考え方の違いなどをわかり易く解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

  • 彼氏からの連絡が少なくて不安になる

    付き合う前は頻繁に連絡をくれていたのに、彼氏からの連絡がだんだん少なくなってくると「私への気持ちが薄れてきているのかな?」「何か悪いことをしたのかな?」と不安になるものです。

    考えれば考えるほど心配になり、ついつい彼への連絡が増えてしまったり、嫉妬深くなってしまうこともあるでしょう。

    実は彼氏から彼女への連絡頻度が低くなってしまうのには、恋愛感情だけではなく、男性の脳と女性の脳の違いにも原因があるようです。

    今回は、彼氏からの連絡が少ない理由や、男性心理、男女の脳の違いなどについてわかり易く解説していきます。今ある不安を解消するためにも、この記事を参考に、一緒に彼氏の気持ちを理解していきましょう。
  • 彼氏からの連絡が少ないとき、考えられる理由5つ

    まずは、彼氏からの連絡が少ない理由を考えてみましょう。理由が分からないこそ不安になるのです。普段の彼氏の言動などにも注目しながら読み進めてみてください。

    仕事が忙しい


    一緒にいるときはラブラブなのに、急に彼氏からの連絡が少なくなった。このような場合は、男性の仕事が忙しく、連絡をする時間がとれていない可能性が高いでしょう。仕事が忙しい時期は、仕事のことで頭がいっぱいになり、時間もあっという間に過ぎてしまいます。

    後で返信しようと思っていても、つい忘れてしまって、気づいた時にはすでに何日も過ぎていた、ということもあるでしょう。

    「メールをするのにそれほど時間はかからないじゃない!」そう思う女性も多いかもしれません。ですが、仕事に追われているときは、彼女のことを考える余裕がなくなってしまうこともあるのです。

    性格的に「マメじゃない」タイプ


    そもそもマメな連絡をできないタイプの彼氏は、普段から連絡頻度が低いはずです。「付き合い始めの頃は、毎日連絡くれてたのに…」そう感じてしまっても無理はありません。男性は、彼女を手に入れるために、必死になることがあります。

    実は彼氏は、元々マメなタイプではなかったのかもしれません。あなたと付き合うまでは、あなたに合わせて頑張っていたのでしょう。

    普段からスマホをあまり見ない彼氏や、LINEの内容が極端に短い男性の場合は、このようなタイプである可能性が高いです。

    連絡をする理由がない


    頻繁にデートをしているカップルや、同じ学校や職場にいて連絡をしなくても顔を合わせられるような環境にいる人は、会って話せばいいからと、必要がない限り連絡をしないこともあるでしょう。

    また、理由がないのに連絡をすることに抵抗を感じる人もいます。連絡してみようかなと思っても、彼女が仕事中だったり忙しい時期だったりした場合、遠慮して敢えて意味のない連絡はしないように控えているのかもしれません。

    特に何か原因があるわけではなくても、連絡が少なくなってしまうこともあるのです。

    2人の関係に悩んでいる


    彼氏が2人の関係性や今後のことについて悩んでいるときは、自然と連絡が少なくなってしまうことがあります。

    「このまま付き合ってていいのか?」「本当に彼女のことを大切にできるのかな?」など、交際に違和感を抱いている場合は、連絡をとることを無意識に避けてしまうこともあるでしょう。

    一緒にいるときの彼の態度はどうですか?何となく元気がなかったり、口数が少なくなっている場合は、あなたに対する不安や不満がたまっている可能性があります。

    愛情が冷めてしまった


    連絡が少なくなるどころか、会う約束すらもしてくれなくなった場合は、彼女に対する気持ちが冷めてしまっている可能性があります。

    好きでもない相手に、自分から連絡しようとはしませんよね?または、彼女への気持ちが薄れてしまったことによる罪悪感から、連絡を避けているのかもしれません。中には、このまま距離を置こうと考えている可能性もあります。

    あまりにも連絡が少なく、会う頻度が少なくなってしまった場合は、彼氏に気持ちを確認してみる必要があるでしょう。