彼氏が既婚者だった…気持ちの断ち切り方から対処法までを徹底解説!

  • 結婚してても好き…既婚者の彼氏との付き合い方

    ここまでいろいろ考えてきたけど、本気で彼氏のことが好きだと認識した場合、上手に付き合っていかなければなりません。

    これはあなた自身が傷付かないようにするためでもあります。必ず確認しておきましょう。

    相手に求めず期待しない


    まずは、既婚彼氏に期待しすぎないことです。彼には家庭があります。子供がいる場合、行事やレジャーなどもこなさなければなりません。

    会いたいときに会えないのはもちろんであり、自由はありません。記念日などを祝ってくれない可能性だってあります。

    そういった時に必要以上に傷付かないよう、既婚彼氏に求めすぎず、期待しないようにしましょう。期待しなければ、ガッカリすることも少なくてすみます。既婚者と恋愛をするというのは、こういうことです。

    先のことは考えず今を楽しむ


    既婚者との恋愛に未来はありません。「いつか妻と別れて君と結婚したい」というセリフは、リップサービスのようなものと認識しましょう。

    なので、既婚彼氏との恋は、後先を考えず、ただ今を楽しむのが一番です。ちょっとスリリングでドキドキするような感覚に刺激を覚えたり、2人で悪いことをしているという罪悪感を存分に味わいましょう。

    イベント事や記念日に執着しない


    上記でも説明したとおり、彼氏には家庭があります。そのため自由がありません。彼氏のことを本気で想っているのであれば、負担をかけないようにしてあげましょう。

    泊まりがけのデートはリスクが大きすぎます。また、記念日のプレゼントなどはお金がかかるため、彼の負担を考えて自粛しましょう。

    奥さんにバレてしまってはおしまいです。何事も質素に、そして静かに彼氏と付き合いを続けていくことが大切です。

    慰謝料請求されても構わないという気持ちを持つ


    最後に伝えたいのは、万が一の事態もあり得るということです。何度も説明した通り、交際相手が既婚だという事実を知っていたら、慰謝を請求されるおそれがあります。

    既婚者だと知っていて交際していた場合は不貞行為、つまり「不倫」になります。これが彼氏の奥さんにバレた場合、あなたに対し慰謝料が請求されることもあり得るということです。彼氏に本気で恋をしているのであれば、この可能性を覚悟しなければなりません。
  • 彼氏が既婚者だった女性の経験談!

    ここからは実体験の紹介です。ちょっと笑ってしまうような内容や、思わず頷いてしまう共感深いものまで、既婚彼氏とのアレコレをまとめてみました!

    合コンで知り合った彼氏が既婚者だった


    「合コンで出会った男性は話がとてもおもしろくて、趣味も合うから付き合うことになった。でも日曜日は絶対に会えなかった。当時、私は学生でバイトもしてたから、日曜くらいしか時間がなくて、だからほとんど会えなくて、すぐ別れることになったけど、後から知り合いに『あの人既婚者だよ』って教えてもらってビックリした。深い付き合いにならなくて正解だった」(25歳/女性/事務職)

    親切な知り合いがいて幸いでした。既婚男性がいくらあなたに嘘をついたとしても、第三者がそれを教えてくれたら事なきを得ます。本当に深い付き合いになる前で良かったですね。

    交際半年で彼氏が既婚者だと判明…


    「彼氏が実家暮らしだと言うので、会うのは毎回ラブホ。ラブホ代は割り勘か、わたしが全額払うことも多かった。『実家なのになんでお金ないの?』って問い詰めまくったら、『オレ既婚者でお小遣い制なんだよね』って付き合って半年で暴露された(笑)」(28歳/女性/化粧品メーカー)

    ちょっと笑ってしまう体験談はこちら。お小遣い制の中、どうしてもあなたと会いたかった…いや、ヤりたかったのでしょう。お小遣いの中でやりくりしていたのかと思うと、少し同情できなくもありません。

    両親に会ってくれなくて


    「私の実家は家族が仲よくて、兄弟も恋人できたらすぐ家族に紹介するから私もそうしようと思ってたのに、彼氏がすごく嫌がった。なんで嫌なのかしつこく聞き続けてたら、まさかの既婚者宣言された。その日のうちに別れたけど、別れた理由は親にはずっと嘘ついたままで、なんか心苦しい」(23歳/女性/アパレル勤務)

    これは交際相手が既婚者か否かを見定めるときにも使える技です。怪しいと思ったら同じ手段でカマをかけてみましょう!

    しかしこちらは、カマかけではなく本気で紹介しようとしていた時の出来事…。悲しい気持ちでいっぱいですよね。

    それでもいい!尽くしたい!


    「彼氏には尽くすタイプだから、急に呼び出しされても行くし、ドタキャンされてもめげません。だから既婚者だって言われたときも、ショックではあったけど、彼氏の癒しになりたくて頑張ってました。『妻が冷たい、相手してくれない』っていうから、私が優しくしてあげなきゃ!って思ってたんです。今思えばバカでした」(26歳/女性/販売業)

    数年後「今思えばバカでした」と言えるようになっているくらい、とても良い経験をされたのではないでしょうか。そのくらい恋は盲目ということです。