男女別「墓場まで持っていく話」パートナーには絶対言えない秘密

  • 秘密を墓場まで持っていくコツ!

    ここまで、浮気の話に焦点を絞って見てきましたが、浮気以外でも秘密の話を墓場まで持っていくにはいくつかコツがあります。

    どうしたら秘密を墓場まで持っていくことができるのでしょうか。

    「知らぬが仏」と割り切る


    よく使われていることわざの一つに「知らぬが仏」という言葉があります。

    これは「知ってしまったら心中穏やかにいられないことでも、知らなければ平静な心でいられる」という意味です。

    秘密を自分の中にしまい込んでいるので、苦しくなる時もあるかもしれませんが、「これは墓場まで持っていくべき話なんだ」と割り切りましょう。

    相手のことを考えた時にベストなのは、相手が事実を知らない今のままの状態です。

    平穏な今を大事にするためにも、「知らぬが仏」の精神で割り切ってみてはいかがでしょうか。

    秘密の話を増やさない


    嘘に嘘を重ねてしまうことって、日常でよくありますよね。

    墓場まで持っていくべき話もこれと同じで、一つ秘密を作ってしまうと、芋づる式に秘密が増えていってしまう事態になりかねません。

    アリ地獄のように沼から這い上がれない状態になる前に、これ以上秘密の話を増やさないことを心掛けましょう。

    身辺整理をしておく


    浮気のケースでも先述しましたが、秘密の話を墓場まで持っていくのならば、その秘密に関連する身の回りのことを片付けておいた方が良いでしょう。

    例えば、集めていたグッズや過去の写真は捨てる、スマホの関連履歴は消去しておく、借金の借り入れ書は誰にも見つからない場所に隠すまたは破棄するなど、相手にバレる前に痕跡をひたすら消し去ることで、秘密がバレる可能性は低くなります。

    なかったことにする


    関連するものの痕跡を消したら、あとは「忘れる」のみに徹しましょう。

    あなたが墓場まで持っていくべき話を忘れてしまえば、もう何も困ることはありません。

    時間が経つほど、物事は記憶の中で曖昧になる場合が多いです。その脳の仕組みをうまく利用して、なるべくそのことを考えない、忘れるように努めることで、きっと苦しみから解放されるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)