男女別「墓場まで持っていく話」パートナーには絶対言えない秘密

あなたには「墓場まで持っていく」と決めた話はありますか?人は誰しも一つや二つ、秘密の話を抱えているのではないでしょうか。この記事では、そんな秘密を抱えた人のさまざまなケースや、墓場まで持っていく覚悟を決めたい人への対処法をお伝えしています。ぜひ読んでみてください。

  • 誰にでもある「墓場まで持っていく話」

    人には誰しも、墓場まで持っていく話の一つや二つはあるもの。とはいえ、浮気や不倫、借金など、人知れず秘密を抱えて日常を過ごしているけど、どうにもモヤモヤしてしまって落ち着かず、いっそ秘密の話をパートナーに伝えてしまうべきか、やはり伝えずにいるべきか…と悩んでいる方も多いのではないのでしょうか。

    今回は、実際に寄せられた「墓場まで持っていく話」を交えながら、秘密の話を抱えて迷ってしまった時はどのように対応すべきなのかを見ていきましょう。

    そもそも「墓場まで持っていく」とはどういう意味?


    「墓場まで持っていく」とは、「秘密を必死に隠すこと」「秘密を外部に言わないこと」という意味で、「秘密をひた隠しにしながら、死ぬまで自分の中にとどめておくこと」を指します。

    何か秘密ができた時に、「あーコレは、墓場まで持っていかきゃいけない話だなあ」と冗談交じりに言う場面がありますが、本当にバレてはいけない秘密はこんなふうに気軽に話題にできませんよね。

    世の中には、墓場まで持っていくエピソードを持っている人が思った以上に大勢いるのです。

    墓場まで持っていくべき理由とは?


    人によって墓場まで持っていく話はさまざま。しかし、絶対に秘密にしておきたい理由は共通しているようです。

    それは、相手への配慮です。

    「秘密の話を相手に打ち明けたら、きっと傷つけてしまう…」と相手の精神的な負担を心配して、告白することをためらう人が多いのではないのでしょうか。

    傷つく姿を見たくないし、このまま黙っていれば波風が立たないから墓場まで持っていく、という理由があるようです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)