【罰ゲームセリフ集40選】面白ネタから恥ずかしい言葉まで大集合!

  • おすすめ罰ゲームセリフ集40選《男性編2》

    ここまで、6つの男性用の罰ゲームのセリフを紹介してきました。男性のセリフの多くが、そばで聞いたら引いてしまうようなセリフばかりです。引いてしまうようなセリフだからこそ取れる笑いもあるので、これから紹介するセリフもぜひ試してみてください。

    「俺はモテモテのイケイケ男だー!」


    本当にモテモテでイケイケな男性であればあまりウケは取れませんが、そうではない周りから面白キャラ扱いされている人がこのセリフを言えば、いくらお通夜のような飲み会でも一気に盛り上がります。

    ただし、周りはモテモテでイケイケな男性とは感じていないものの、自分はそう思っているという人にこのセリフを言わせるのは、本気で引かれるリスクがあるので極力避けましょう。

    「辛いこと苦しいこと全部俺が幸せに変えてやる」


    なかなかかっこいい言葉ですし、男性ならこのようなセリフを素で言えるようになりたいと思うはずです。このようなセリフとは無縁の人や、このセリフとは全く合わない人に言わせれば、そのギャップで場を盛り上げることができます。

    女性に対して言えば、惚れられることはないにしても、好印象を持たれる可能性は十分あります。たとえ罰ゲームでも、結果的に良い印象をもたれるなら、言う側も積極的に演じてくれるはずです。

    「わたし男の人がス・キ!」


    男性上司と男性部下の恋愛が描かれたドラマが、かなり良い評判を得て流行しました。このドラマを見て、同性同士の交際に関する見方が変化した人もいるのではないでしょうか。

    そんな波にのるように、このセリフを言って新たな自分を見せれば「意外とお似合いだよ!」と盛り上がるはずです。もちろん誰かに向けて言わせる場合は、男性に向けて言わせてください。

    「いやーんばっかーん」


    前のセリフに続いてオネエのようなセリフです。前のセリフでは男性が好きという自分の好みの主張でしたが、このセリフはただのネタセリフとなります。

    多くの人が引いてしまうセリフですが、場は冷めた空気ではなく和やかな空気になるはずです。罰ゲームですので、これぐらいはしてもらっても大丈夫でしょう!

    「お前に似合う男は俺だけだ!」


    完全なる自信に満ちた言葉ですが、現実ではもちろん、アニメやドラマでもあまり聞きなれないセリフです。そのため、いざ言ってみろと言われてもすぐに言える人はそう多くありません。

    このセリフは、ウケるというより歓声を得るためのセリフですので、中途半端ではなく、自信を持ってハッキリと言うのが効果的です。ただセリフを言わせるのではなく、言いやすい雰囲気を作るのも、ひとつの工夫になります。

    「僕ね僕ね もうすぐ1年生になるんだー!」


    この言葉は主に幼稚園年長の頃に言われるであろうセリフです。小さな子供が可愛らしく目を輝かせて言っている姿を連想しますが、上司などがやればギャップウケします。このセリフを言わせる時は、子どもに完全になりきらせるとなおウケが良いです。

    これまでの男性用罰ゲームセリフ集の中ではかなりショタ系のセリフですので、新たなジャンルとして罰ゲームに加えるのもありです。