影のある人は魅力的?影がある男女の特徴と魅力的なワケとは

影のある人は、さまざまな印象を持たれます。ネガティブな印象からポジティブな印象まで、本当にさまざまでしょう。自分のことを発信しなくても、十分に人を惹きつけるだけの魅力があります。影のある人はなぜ人を惹きつけるのか、どんな魅力を持つのか、分析していきましょう。

  • 影のある人は魅力的に見える?その理由を解明!

    なんとなく近寄りがたいのに、気になって仕方がない「影のある人」。特別目立ったことをしているわけでもないのに、妙に魅力を感じることもあるでしょう。しかし、いざ仲良くなろうにも、どんな声掛けをしていいのか悩んでしまったりしますよね。

    影のある人が魅力的に見えるのはなぜでしょうか。目立たないのに、やたらと気になってしまうことにはちゃんと理由があるのです。今回は、その理由に迫ってみましょう。

    影のある人とはどんな人なのか、どんなところが魅力的なのか、解明していきます!

    そもそも「影のある人」とは?


    言葉だけで「影のある人」と聞くと、どんな人をイメージしますか?「影」という単語が入っているので、なんとなく暗い人をイメージする人もいるでしょう。しかし、影のある人は、文字通り目立ちはしなくても、どことなく人を惹きつける部分を持っています。

    光と影をイメージしてみると分かりやすいかもしれません。影は光のように、明るく強い印象はありませんよね。それでも、はっきり見えない分「見たい」という衝動を起こさせますし、謎めいた部分が多くあります。そして、何より静かな存在です。そんな影をまとった人が、「影のある人」なのです。

    影のある人に惹かれる男女は多い?


    実際、影のある人に惹かれる人は多いでしょう。人それぞれ価値観や好みは異なるものですが、影のある人に向ける根本的な「知りたい」欲求は共通しています。快活で溌剌とした光のような人を求める人でさえ、影のある人を気にしてしまうこともあるのです。

    時には「どうしてあんな目立たない人が気になってしまうんだろう」と、自分でも不思議に思うこともあるかもしれません。そんなふうに知らず知らずのうちに心に入り込んでくる影のある人には、男女問わない魅力がたくさんあるのです。

    「影のある人」と「根暗な人」の違い


    「影のある人」は、ネガティブなイメージと繋げられることもあります。ネガティブなイメージと言えば、「根暗な人」も挙げられますね。しかし、「影のある人」と「根暗な人」では大きく異なるのです。

    根暗な人は、根本的にマイナス思考で、どこかひねくれた性格でもあります。自分を卑下したり、他人を羨んだりするばかりで、何も行動できないことが多いでしょう。周りからも、陰鬱な空気を感じて距離を取られてしまうタイプです。

    それに対して影のある人は、マイナス思考とは言えません。極端にポジティブというわけではありませんが、自分の志をしっかりと持っていて、目立たずに静かに目標に進むタイプです。ひねくれているわけでもないので、「何を考えているかわからない」と印象を持たれることはあっても、陰鬱な空気は感じられないでしょう。