既婚者なのに恋してしまった…諦めるべき?その正しい対処法とは

既婚者だからといって恋をしないわけではありません。家庭に不満があったり、新たな出会いがあることによって、既婚者でも恋してしまうことはあるでしょう。今回は、既婚者なのに恋してしまった時の選択肢や対処法をご紹介。既婚者ならではの考えるべきポイントも見ていきましょう。

  • 既婚者なのに「禁断の恋」してしまった…

    既婚者になったからといって、出会いがなくなるわけではありません。既婚者なのに恋をしてしまったという人もいるでしょう。

    あなたは禁断の恋をしてしまった時、思いを貫きますか?それとも諦めるでしょうか。今回は、既婚者なのに「禁断の恋」をしてしまった場合、どう対処していけば良いかを、体験談も含めてご紹介していきます。

    恋に落ちたことのある既婚者は意外と多い?


    既婚者だからといって、絶対によそ見をしないというわけではありません。「恋をしてはいけない」という思いがあり、自分にセーブをかけていることが災いして、一度恋をしてしまうと燃え上がってしまうという人が多いです。

    既婚者になってから恋に落ちたことがある人は意外と多いようですが、とはいえ「恋に落ちたことがある」というだけで、そこから先に進むか進まないか、それぞれの理性の違いで恋の行方が変わってくるでしょう。

    「既婚者なのに恋をしてしまった…」と自分を悪く思うかもしれませんが、恋に落ちたことのある既婚者は意外と多いのです。

    既婚者でも恋に落ちることはあり得る


    恋に落ちることは、たとえ既婚者だとしてもあり得ることです。既婚者だからといって、必ずしもパートナーとうまくいっているとも限らないでしょう。

    結婚してすぐの頃は、ラブラブな関係を保っている夫婦でも、時間が経てばその気持ちも落ち着いてくるものです。刺激が欲しかったり、「人に求められたい」という欲が出てきて、タイミングよく出会いが訪れた時、恋に落ちることは大いに考えられます。

    心の拠り所を求めた恋が多い


    既婚者の恋で多いのが、心の拠り所を求めた恋です。精神的に頼りたい、甘えたい、支えてもらいたいと、本来ならばパートナーに求めるべきものを、他に求めてしまいます。

    長年一緒にいることで、パートナーに対して遠慮や恥ずかしさが出てくるのでしょう。「こんな姿を見せたらみっともない」「家族に負担をかけるわけにはいかない」という思いから、つい他に求めてしまうのです。

    弱っている時、辛い時、誰かを頼りたい時などに、パートナー以外に恋をしてしまう人は多いでしょう。
  • 既婚者男性が恋をしてしまう瞬間とは

    まずは、既婚男性が恋をしてしまう瞬間から見ていきましょう。男性はどのような瞬間に恋に落ちてしまうのでしょうか。

    欲求不満なとき


    「子供が生まれてから、妻が相手をしてくれなくなった。欲求不満でいる時にたまたま出会った女性と恋に落ちた」(32歳/男性/福祉士)

    既婚男性で恋をしてしまう瞬間に多いのは、欲求不満な時です。妻が相手をしてくれない、かまってくれない、忙しくしてる妻に自分から誘えない、という理由が多く見られます。

    夫婦間で一度セックスレスになってしまうと、解消のタイミングが見つからず、男性はこのように欲求不満になり、他の女性に恋をしてしまうことがあるのです。

    他の女性が癒してくれたとき


    「家に帰っても、愚痴を聞いたり指示されることが多くて休まらなかった。でもある時、他の女性に『頑張ってるね』と優しくされて癒された自分がいた。その瞬間、恋に落ちたと感じた」(28歳/男性/販売)

    本来ならば、家庭に癒しや安らぎを求めたいのでしょう。しかし、家に帰っても気が休まらず、いつしか他の女性に癒しを求めてしまっていたケースです。恋に落ちたことで、「あ、自分は癒しを求めてたんだ」と気づくこともあるでしょう。

    男として見てもらったとき


    「仕方のないことかもしれないけど、普段は家で父親であり、なかなか妻から男として見てもらえていませんでした。そんな時、会社の女性から男として見られていると分かって、つい気持ちが揺らいでしまいました」(30歳/男性/公務員)

    たまには奥さんから「かっこいい」「男らしい」と言われたかったのでしょう。しかし、それぞれ父親母親になり、そこに恋愛感情はなくなってしまったことから、そう言われる機会も少なくなってしまったのですね。他の女性から「かっこいい」と男として見てもらえた時、求められたことが嬉しくて恋してしまう男性もいるでしょう。

    自分の理想通りの女性に出会ったとき


    「決して妥協して妻と結婚したわけではないですが、職場に転職してきた女性が自分の理想通りの女性で、見た瞬間に一目惚れしてしまいました」(27歳/男性/建築業)

    人にはそれぞれタイプや理想がありますよね。もちろん結婚したということは、奥さんのこともタイプだったのでしょう。しかし、ドストライクと言えるほどの女性に出会えた時、既婚者だとしても恋に落ちることがあるのです。