照れる人の特徴と心理とは?照れ屋な彼と上手く付き合うコツも伝授!

  • よく照れる男性と上手く付き合うコツ!

    よく照れる男性は、会話の途中で目を逸らしたり挙動不審になったりするなど、何かと癖があるため、こちらの本心が伝わりにくいのが難点です。本心を理解してもらうためにも、よく照れる男性との付き合い方のコツを知っておきましょう。

    照れ屋な性格を受け入れる


    彼がよく照れる人だと、なかなか本心を理解してもらえずに苦労することもあるでしょう。しかしそれも彼の一部です。時にはその性格によって苛立ちを覚えてしまうでしょうが、それが彼の性格だと割り切れば、素直に許せる部分も出てきます。

    照れ屋な彼だと、こちらが言っていることを素直に受け取っているのかどうか、疑問に感じるでしょう。しかしそうした性格だ、仕方ないと思うことで、彼の一つ一つが愛しく思えてきます。ありのままの彼を受け入れることで、彼もあなたに心を開いていくでしょう。

    照れ屋な性格を改善するよう求めるのではなく、受け入れてあげましょう。そんな度量を見せると、より彼はあなたに惚れていきますよ。

    気持ちを素直に伝える


    照れ屋な彼には、気持ちを誤魔化したりせずに伝えることが大切です。遠回しに気持ちを伝えると、彼はあれこれと勘ぐってしまうので、ストレートに伝えましょう。まっすぐな言葉ほど、よく照れる人には伝わります。

    また、照れ屋な人は自分を過小評価しているので、大切なことほどまっすぐな言葉で伝えましょう。茶化したりすると、「そんなことない」と謙遜されてしまいます。理解してほしいのに、理解してもらえないもどかしさが生まれてしまう原因になるため、ストレートに伝えることが大切です。

    目をみて話す


    ストレートな言葉も大切ですが、何より言葉を信じてほしいなら、目を見て話すようにしましょう。照れ屋な彼はなかなか目線を合わせてくれないでしょうが、大切なことほど目をみてしっかりと伝えることで、相手も理解してくれます。

    よく照れる人は、人の目を見ることが苦手です。しかし、目をそらしたまま話せば、彼は「そんなことない」と謙遜するでしょう。これでは伝えたいことも半分しか伝わりません。相手に「本当だ」と理解してもらうためにも、目線を合わせて話すようにしましょう。

    二人だけの時に伝える


    大切なことを理解してほしいなら、周囲に人がいる場面ではやめましょう。照れ屋な彼は、ギャラリーがいると恥ずかしい気持ちがさらに上昇して、話の内容が頭に入ってきません。何を言われたのか分からないということも少なくないでしょう。

    本気の相手の話は聞いているものの、ギャラリーが多いとそれどころではなくなる人もいます。女性の言葉よりも人の目が気になってしまうので、大切なことを伝えるなら二人だけの時にしましょう。

    その方が真摯な気持ちが伝わりますし、彼も余計な照れを感じずに受け取ることができますよ。