照れる人の特徴と心理とは?照れ屋な彼と上手く付き合うコツも伝授!

  • よく照れる男性が「本気の相手」にする愛情表現

    今度はよく照れる男性について知っていきましょう。よく照れる男性は、傍から見れば誰の言葉にも照れているように思えますよね。しかし、本気の相手にだけする愛情表現があるので、それを知っておくと恋愛にも活かせますよ。

    彼女の意見を優先する


    多くの人から褒め言葉や賞賛をもらっても、謙遜することが多いのが照れ屋の特徴です。しかし、褒めてくれたのが本気の相手の場合は、彼女の意見を優先したり信じる傾向にあります。意中の女性から褒められたら、それを真に受けるのです。

    普通であれば「そんなことないです」と謙遜することでしょう。しかし、これが本気の相手だと「嬉しい」「そう思われているなんて」と謙遜しながらも本心として受け取ります。この違いが分かると、自分が彼にとって本命かどうかが判断できるでしょう。

    本気の相手の言葉には重みが感じられるので、照れ屋な彼としても本当の言葉として受け取りたくなるのです。

    話したことを覚えてくれている


    人が照れている状態は、心がドキドキしたりハラハラしたりと、常に忙しいでしょう。そんな時に周りから何か話されても、心ここにあらずといった感じで、話の内容をきちんと覚えているとは限りません。

    しかしこれが好きな相手となれば、そんな状態にあってもしっかりと話しを聞いているものです。照れている状態でも、彼女の話となれば心を落ち着かせて耳を傾けるでしょう。次に会った時に話題を振っても、彼はしっかりと覚えていることが多いです。

    むしろこちらが覚えていないことですら、彼は時間が経っても覚えているでしょう。

    目線がなかなか合わない


    好きな人となかなか目が合わせられないのも、照れ屋な人の特徴です。特に気にしていない相手なら、目を合わせても何も感じませんよね。しかしこれが好きな人となれば、目を合わせるのも恥ずかしくなってそらしてしまいます。

    そのため女性は、なかなか目線が合わないと感じるでしょう。自分が目を合わせようとしても、すっとそらされる。そんな攻防が続くこともあります。彼は恥ずかしさから目を合わせられないのです。

    目を合わせると女性を強く意識してしまうため、目を合わせないことで平常心を保とうとしているのでしょう。

    やきもちを焼く


    よく照れる男性は、やきもち焼きなところがあります。それまでは普通に話していたのに、女性が他の男性と話した途端に冷たくなるなど、心当たりはないでしょうか?よく照れる男性は感情を素直に表現することに慣れていませんが、態度で分かることが多いです。

    よく照れる人でも、何とも感じていない相手にはやきもちなんて焼きません。他の男性と話した後でも、普通に接してくれるでしょう。しかしこれが本気の相手となれば、自分だってもっと彼女と話したいという欲があるので、嫉妬します。

    よく照れる人でもこうした感情は素直に表現されるので、今まで話していた彼の態度が急変したら、やきもちを焼いてくれている証拠でしょう。