照れる人の特徴と心理とは?照れ屋な彼と上手く付き合うコツも伝授!

  • 照れ屋な人がよく照れる理由と原因

    照れ屋な人は、どうして照れ屋なのでしょうか?そもそもの性格もあるでしょうが、それだけが原因ではないでしょう。照れ屋になってしまう原因や、よく照れる理由を知ってみましょう。

    もともとシャイな性格


    照れ屋になる原因は、そもそもの性格がシャイで内気であることが挙げられます。人にはそれぞれ性格がありますが、シャイな性格をしていると、些細なことでも照れてしまう照れ屋な人が多いです。

    人と関わることが苦手なので、当然褒められることにも慣れていません。また、普通の人よりも恥ずかしさを感じやすい性格なので、ちょっとした褒めめ言葉も大きく感じてしまい、照れてしまうのです。

    自分の気持ちを相手に伝えることも苦手なため、上手く感情を処理できず、照れることによって本音を隠してしまう人もいます。

    人見知りで他人と接するのが苦手


    人と関わり合うのが好きな人は、それだけ多くの感情とも向き合ってきています。何らかの感情が湧き起こっても、どう対処すればよいかを分かっているため、照れること自体が少ないです。しかし、他人と接するのが苦手な人は、感情を表現することに慣れていません。

    誰だって、慣れていない感情には戸惑いを感じますよね。人見知りで他人と接するのが苦手だと、慣れていない感情が多いです。普段から多くの感情と向き合うには、他人との関わり合いが必要です。

    照れる以外にも、怒りや嬉しさ、悲しみも、全て他人と接するからこそ生まれる感情でしょう。普段から人と接し慣れていないと、嬉しさや恥ずかしさを感じたときにより照れてしまう原因になります。

    失敗した過去がになっている


    照れてしまうのは、過去の失敗がトラウマとして残っているから、という可能性もあります。過去に、感情をさらけ出したことで笑われたり、指摘されたりした苦い思い出があると、また何か言われるのでは…と臆病になってしまうでしょう。

    このようなトラウマがあると、素直に気持ちを表現できなくなり、照れるという方法で感情を処理するようになります。嬉しい気持ちはあるものの、何かアクションを起こせば笑われるのではないか…と縮こまってしまうのです。

    また、嬉しい気持ちを表現することで、注目されしまうのではないかという不安も合わさり、より恥ずかしさを感じてしまうでしょう。

    自分を過小評価している


    誰だって自分に自信があるわけではありません。人によっては、自分を過小評価し、人に褒められても、それを真に受けることもできないでしょう。こうした人は、心から褒められた時に、戸惑いや嬉しさをひときわ大きく感じます。

    自分を過小評価しているからこそ、人よりも何倍も嬉しくなってしまうのでしょう。これによって顔が赤くなったり、謙遜するような言葉を言ってしまう人もいますね。自信のなさの裏返しともいえるでしょう。

    他人の評価と自分自身の評価に差があるため、人より照れることが多くなるのです。

    目立つことに慣れていない


    褒められるときは、相手と二人きりではない場合もありますよね。時には大勢の人の前で褒められることもあるでしょう。こうした時に目立つことに慣れていないと、注目を集めていることが恥ずかしくなって照れてしまいます。

    普段から人の目に留まることをしていれば、大勢の前に出ても照れることはありません。しかし慣れていないと、注目を集めていることを恥ずかしく感じます。そして、人の目を集めていると実感すればするほど照れてしまうのです。

    集団から浮いている状態でも同じことがいえます。自分だけ周囲とは違うという現実に、恥ずかしさを感じ、照れてしまうのでしょう。

    自分の気持ちを知られたくない


    誰だって自分の気持ちを何でも他人に知られたいとは思いませんよね。照れ屋な人はこの心理が特に強く、自分の気持ちを知られたくないと強く思っています。そのため、恥ずかしい気持ちを隠そうとして、照れるという表現になってしまうのです。

    例えば、会議などで自分の意見を述べる時に、照れてしまう人がいますよね。こうした人は、自分の意見が恥ずかしいものでないか、余計な注目を集めるのではないかと、強い羞恥心を感じます。そして意見を述べた後に照れてしまうでしょう。

    自分の意見や気持ちを知られたくないのに、それを話さなければいけない時は、誰だって恥ずかしくなって照れてしまうものです。