好きな人が見れない!その理由と困った時の対処法をズバリ解説!

  • 好きな人が見れない時の対処法!《相手編》

    こちらのページでは、好きな人を見られない時の対処法として、相手が人の目を見られない人かもしれない場合の対処法についてご紹介していきます。気になる男性に「好き避け」されているような気がする人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    まずは相手の視界に入る


    「この人もしかして、私のことが好きなのに見れない人なのかな?」と感じたことはありませんか?視線を感じるのに、こちらが見ると目をそらされたり、相手の顔が真っ赤になったり、そんなことが続くと気になっちゃいますよね。

    でも、気になって話しかけてみたら逃げられた、という経験談も多いものです。そのため、まずは相手の視界に入り続けることから始めましょう。そして、少しづつ時間をかけて、こちらから視線を送る回数を増やしていきましょう。そうすることで相手がだんだんと慣れ、見てくれる回数が増えていくかもしれません。

    挨拶から始める


    人の目を見られない人は緊張していることが多いため、いきなり踏み込んだ会話をしようとしても難しいです。そのため、最初は他の人にもするような、一般的な短いあいさつから始めましょう。

    緊張して目を合わせられなくても、すぐに終わる簡単なあいさつくらいならできる人も多いです。会うたびに笑顔であいさつをしていれば、相手も少しずつ慣れてきて、だんだんと長い会話ができるようになれるかもしれません。

    自信をあたえる


    好きな相手を見られない人の中には、「好きという気持ちを本人に知られて、自分が避けられるのが怖い」と考えている人もいます。好きな相手の気持ちがわからないのは怖いですよね。そんな臆病な人には、こちらから接触して自信をあたえてみる方法もあります。

    こちらから笑顔で挨拶したり、嫌ってないよオーラを出しながら気軽に話しかければオーケーです。接触する機会が増えれば、次第に「相手は自分を嫌っていない」と自信を持ってくれるでしょう。

    相手の得意分野の話をする


    恋愛慣れしていない口下手な人でも、自分の趣味や得意なことなら話が尽きないものです。特に男性は、尊敬されたり認められたり頼られたりすると喜ぶ人が多いので、相手の得意分野をうまく利用してみましょう。

    例えば「新しいパソコン買おうと思ってるんだけど、どんなのがおすすめ?」「あの歌手が好きって言ってたよね。私も最近気になってるんだけど」「これって難しそうだけど、私にもできるかな?」などと、相手が得意そうな分野の話を振ってみるのはいかがでしょうか。

    自分に自信がない人でも、得意分野の話題であれば会話が弾む可能性が高いです。そこから少しづつ会話を膨らませてみましょう。