好きな人が見れない!その理由と困った時の対処法をズバリ解説!

  • 好きな人が見れない!困ったエピソード集

    好きな人を見られなくて困ってしまった、という人も多いのではないでしょうか?このページでは、実際に困ったエピソードをご紹介していきます。

    せっかくの話せるチャンスを不意にした


    「合コンで気になる人がいたのに、顔が見れなくて顔を背けてばかりいて、そのままチャンスを逃してしまった」(23歳/女性/事務職)
    「格好良い人がいたから遠くからチラチラ見てたけど、目が合ったら恥ずかしくて逃げちゃった」(21歳/女性/大学生)

    せっかくのチャンスがあっても、好きな人を見られないために、チャンスを逃してしまう人って多いですよね。気になる人、好きな人ほど見ることも話すこともできなくて、近づくことも難しくなってしまうものです。

    目を見れず挙動不審に…


    「好きな人ほど目が見れず、おどおどしたり、うつむいたり、耳や顔が赤くなったり、汗をかいたりしちゃいます。挙動不審で恥ずかしいけど、どうしたらいいのかわからない」(17歳/女性/高校生)

    好きな人を意識しすぎてしまい、挙動不審になってしまう人も。赤くなったりおどおどする姿を、純粋でカワイイと感じてくれる男性もいますが、変な人だと思われてしまう可能性もあります。

    引きつった笑顔になり不審者みたいに…


    「好きな人ほどうまく顔が見れなくて、無理して笑いかけても、引きつり笑いになる」(20歳/女性/短大生)
    「気になる人の前では不自然な表情しかできなくて、不審者あつかいされた」(27歳/男性/技術職)

    好きな人を意識するあまり、表情が不自然になってしまう人、多いですよね。勇気を出して相手の顔を見て精一杯笑いかけたのに、引きつってしまって不審者みたいになってしまった、という悲しい体験をした人も。

    好きだと周りにバレてしまって…


    「好きな人をじっと見てたら、周りの人にバレちゃったことがあるんです。からかわれて恥ずかしかったから、それ以来見れなくなっちゃいました」(20歳/女性/学生)
    「好きな人のことはつい目で追ってしまうけど、悟られないよう、向こうがこっちを見たら視線を外します」(25歳/女性/営業職)

    好きな人を見つめる熱い眼差しを誰かに見られただけで、好きだという気持ちがバレてしまうことも。こちらの女性のように、相手に見られたらサッと目線を外し、気持ちがバレないよう試行錯誤している人もいるようです。

    好きなのに冷たい態度を取ってしまった


    「若いころは、好きな気持ちがバレたら恥ずかしいと思ってたので、目を見られないだけじゃなくて、『あんたと付き合うわけない』とか言ってしまって、後悔したこともある」(27歳/男性/会社員)

    好きな相手に対して、冷たい態度を取ってしまう人も多いですね。ほかの人には優しいのに、好きな人だと変に意識しすぎてしまい、過剰な態度を取ってしまう人も。しかし、冷たい態度ばかりを取っていて結局避けられてしまい、後悔している人も多いものです。