好きな人が見れない!その理由と困った時の対処法をズバリ解説!

好きになった相手の「目が見れない」という人、多いですよね。今回は、好きなのに相手を見ることができない理由や、困った時の対処法などについてご紹介していきます。相手の目を見られなくて悩んでいる人はもちろん、気になる相手が自分を見てくれない…という人も、ぜひ読んでみてください!

  • 好きな人の目や顔が見れない!対処法はある?

    「好きな人の目や顔を誰よりも見たいのに、なぜか見れない」という人、多いのではないでしょうか?今回は、好きな人の目を見ることができない理由や、経験談、対処法などについてご紹介していきます。

    好きな人が見れないという人は多い


    好きな人ができたのに、相手の目を見られないということ、ありますよね。実は「恥ずかしい」「緊張する」などの理由で恋する人の目を見られない人って多いんです。

    目をそらしたり避けてばかりだと、相手に嫌われてしまう可能性があります。でも安心してください。好きな人の目を見ることができないときの、おすすめの対処法があるんです。

    今回は、好きな人を見られない理由や、その対処法のほか、好きなのに避けてしまう「好き避け」についてもご紹介していきます。好きな人の目を見られない人や、つい避けてしまい悩んでいる人はもちろん、気になる男性と目が合わないと悩んでいる人も、ぜひ読んでみてくださいね。

    思わず「好き避け」してしまう人も


    好きな人を見られない人は多いですが、見られないだけでなく、避けてしまう人もいます。

    こんな行動を、「好き避け(すきよけ/すきさけ)」といいます。好きゆえに避けてしまうという意味です。さらに、避けるだけでなく、好きな人に冷たい態度を取ってしまったり、意地悪をしてしまう人も。

    たいていは、自分の想いを相手に悟られたくなくて、照れ隠しで好き避けすることが多いようです。

    「好き避け」と「嫌い避け」って?


    好きだという理由以外にも、色々な理由で目を見られない人がいます。たとえば、人見知りだから人の目を見られない人もいますね。この場合、誰に対しても同じように目をそらしているかどうかをチェックすれば判別できます。

    また、相手のことが嫌いだから目を合わさなかったり、避けたりする「嫌い避け」をする人もいます。この場合、少し見分け方が難しいかもしれませんが、表情や言動をよく観察することで、嫌い避けなのかどうかを判断することができます。例えば、嫌いで避ける人は、相手を視界に入れることさえ嫌なので、視線を送ろうともしない場合が多いでしょう。

    これに対して、好きで避ける「好き避け」の場合、話している最中は目を見ないけれど、離れている時はチラチラ見てくる人が多い傾向にあります。これは、目を合わせるのは恥ずかしいけれど、好きな人のことは見たいという気持ちの表れです。