だる絡みをしてしまう人の心理とは?だる絡みへの正しい対処法も!

  • だる絡みをしないためのポイントとは?

    だる絡みは好意からくる行動だとしても、ほとんどの場合は嫌がられてしまいます。しかし、酔っぱらったときや素直になれないとき、あなたはうっかりだる絡みしてしまっていませんか?こちらでは、だる絡みをしないためのポイントをご紹介します。

    手短に話す


    くだらない話ではなく必要な用件だったとしても、ダラダラと説明したり、話が脱線してしまったりして話が長くなってしまうと、だる絡みになってしまいます。だる絡みになってしまわないように、用件は簡潔に、手短に話すように心がけましょう。

    相手の様子を見ながら話す


    だる絡みをしてしまう人は、空気を読まず、相手の都合を考えずにダラダラと話をします。話をするときは、相手の表情をしっかり見ましょう。言葉や態度に出さなくても、「相手をするのがだるい」と思っていれば表情に出るからです。

    相手の反応をちゃんと見ていれば、だる絡みをせずに済みます。人にもよりますが、「だる絡みされてる…嫌だなあ」と思っている相手には、話している時に目が合わない、目が泳いでいる、相槌が上の空、などの様子が見られます。相手が嫌そうにしていると感じたら、「忙しいのにごめんね!」と一言告げて話を切り上げましょう。

    暇だからと言って意味のないLINEをしない


    自分が暇なときに「あの人は何してるかなー」と軽い気持ちでLINEを送り、だる絡みをしてしまう人もいます。相手も暇だとは限りませんし、暇でもひとりでぼんやりしたい気分かもしれません。相手には相手の都合と気持ちがあります。決して暇つぶしの道具にしてはいけませんよ。

    必要以上に構うのをやめる


    たとえ可愛がっている後輩や部下が相手でも、必要以上に構ったらだる絡みになってしまいます。仲良しの友達や、気になっている人が相手でも同じです。人にはそれぞれやることがあり、自分の時間を過ごしています。自分が構われたいからといって、相手も構われたいわけではありません。

    相手が自分の時間を大切にしているときにだる絡みをしてしまうと、相手の中であなたの評価が下がってしまいます。みんながみんな寂しいと思っているわけではないことを、覚えておきましょう。
  • だる絡みをしないように気をつけよう!

    自分がだる絡みやウザ絡みをされたら、嫌な気分になりますよね。あまりにもしつこいと、もう話をするのも嫌になってしまうでしょう。

    現在は、学校や職場で顔を合わせるだけではなく、インターネットやSNSなど、人とつながるツールが充実しています。そのため、いつでも人とコミュニケーションを取ることができますが、逆に構われたくないときに延々とだる絡みやウザ絡みをされてしまうこともあります。

    自分がだる絡みをしないように、また、だる絡みをされたときはうまくかわせるようにして、周りの人と円滑なコミュニケーションを取りましょう!

Photo:All images by iStock