だる絡みをしてしまう人の心理とは?だる絡みへの正しい対処法も!

  • だる絡みしてくる人のあるある特徴

    友達や同僚、先輩や上司など、周りの人にだる絡みをされて困ることもあるでしょう。しかし、もしかしたらあなた自身も気づかないうちにだる絡みをしてしまっている可能性もあります。

    こちらでは、だる絡みをしてしまう人の特徴をご紹介します。周りの人はもちろん、自分にも当てはまっているところがないか見てみましょう!

    酒癖が悪い


    だる絡みをする人の特徴として、酒癖が悪いことがあげられます。お酒を飲むと気が大きくなり、普段は言えないようなことを言い出したり、くだらない話が止まらなくなってしまうことも。元々は静かないい人なのに、お酒が入ると人が変わったように口数が増える人もいます。

    お説教を始めたり、絡み酒になったりするような酔い方をする人は、周りからは一緒に飲みたくないと思われてしまうので、特に注意が必要です。

    空気が読めない


    だる絡みをされる側は「相手をするのがだるい、面倒くさい」と思っています。しかし、だる絡みをしている人はそのことに気づきません。つまり、空気が読めないということになります。空気が読めないため、絡まれている人がいくら「だるいなー、面倒だなー、気づいてくれないかなー!」と思っていても伝わらないのです。

    わがまま


    「あの人に絡みたい!」という自分の気持ちに正直に行動しているのも、だる絡みをする人の特徴です。相手の気を引きたい、たくさん話したいという好意からくる行動ですが、相手の気持ちを考えていません。そのため、だる絡みをする人はわがままだといえるでしょう。

    「ダラダラと話したら、相手に迷惑ではないだろうか?」ということを考えずに、自分が話したい気持ちだけを優先した結果、だる絡みになっています。満足しているのもすっきりしているのも、だる絡みしている本人だけなのです。

    距離感がうまくはかれない


    人との距離感がやたらと近い人は、自分勝手に相手の興味のない話をしがちです。相手の話を聞かずに自分の話ばかりする傾向にあるため、だる絡みになってしまいます。

    極端な人は、初対面の相手に自分の恋バナや武勇伝などをすることも。だる絡みをされる方は「そんな話されても困るんですけど…」と思ってもなかなか言い出せませんよね。そのため、話を聞いてくれていると勘違いして余計話が止まらなくなり、ますますだる絡みがひどくなってしまいます。

    かまってちゃん


    だる絡みをする人は、寂しがり屋の傾向にあります。1人でいることが寂しく、誰か一緒にいてほしい、かまってほしいという気持ちが強い「かまってちゃん」なのです。一緒にいてもらうために話を長引かせ、その結果、だる絡みになってしまいます。

    聞いている方は、面倒でもなかなか話を切り上げることができません。話が終わってしまうと1人になってしまうため、だる絡みをする人が必死でくだらない話をして引き留めているからです。

    素直になれない


    素直に自分の気持ちを伝えることができない人も、だる絡みをしがちです。本当は言いたいことや伝えたいことがあるにもかかわらず、なかなか言い出せずにいます。そのため、だらだらと他の話をしてしまい、その結果、だる絡みになってしまいます。

    このパターンの場合は、だる絡みをする人には珍しく自覚があります。「本当はこんなこと言いたいんじゃないのに」と思いながらも、なかなか本題に入れません。相手が迷惑そうにしていることも感じている場合が多いです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)