彼が好きすぎて辛い…恋を苦しいと感じる原因とは?対処法も解説!

  • 「好きすぎて辛い」と感じた時の注意点!

    好きすぎて辛いと感じた時、注意すべき点もあります。上手に対処できる人もいれば、辛さゆえに悪い方向に進んでしまう人もいるため、ここで注意点も見ておきましょう。

    自分を否定するのはNG


    「こんな自分が嫌!」「こんなに好きになった私がバカなんだ…」と自分を否定することはやめましょう。

    「好きすぎて辛い」という状況の中で、自分のことも否定してしまえば、すべてをネガティブに捉えてしまいます。今辛い状況にあるのは、大きくなった「好き」をうまくコントロールできていないだけですよね。上手にコントロールさえできれば、その「好きすぎる」という気持ち自体は素敵なことです。

    自分を否定したり、好きになったことを否定するのではなく、上手に向き合い対処する方法を見つけていきましょう。

    彼に執着し過ぎない


    「好きすぎて辛いなら、その好きな相手とずっと一緒にいればいいんだ」と、彼に執着しすぎることも問題です。執着すればするほど、相手に求めることも増えるため、彼に負担をかけてしまいます。

    また、執着することで、彼が逃げてしまう危険性もあるでしょう。「重い…」「怖い…」と思われてしまっては、一緒にいることも、気持ちを伝えることすらもできなくなってしまいます。

    彼に執着しすぎないよう、早い段階で好きなことや趣味を見つけましょう。

    諦めるときや別れるときは慎重に


    相手のことが好きすぎて辛いからと、諦める、別れるという選択をする女性もいます。確かに、好きすぎることで生活に支障が出たり、彼に負担をかけるようであれば、その選択肢も視野に入れる必要があるでしょう。

    しかし、好きすぎるために辛いのですから、いなくなればもっと辛くなってしまう可能性もありますよね。「あの時なんであんな選択したんだろう」と後悔すれば、引きずって新しい恋愛ができなくなるおそれもあります。

    諦める、別れるという選択が頭をよぎったら、後悔しないかを慎重に考える必要があるでしょう。

    彼のせいにしない


    「こんなにも辛いのは、ここまで好きにさせた彼のせい」となってしまわないよう注意したいところです。彼のことを大好きになったのは、彼が魅力的であるからに間違いないですが、だからといって「責任とって」と言うのは、おかしな話ですよね。

    「ここまで思わせておいて」「出会ったせいで」と、彼のせいにはしてはいけません。むしろ、「辛いと感じるほど好きな気持ちを教えてくれてありがとう」という気持ちでいることが大事です。

    決して、好きすぎて辛いことを、彼のせいにしないように注意しましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)