彼が好きすぎて辛い…恋を苦しいと感じる原因とは?対処法も解説!

  • 「好きすぎて辛い」と感じた時の対処法

    では、好きすぎて辛い時、その気持ちとどう向き合っていけば良いのでしょうか?上手な対処法を身につけて、もっと「好き」を楽しむ努力をしてみましょう。

    趣味など好きなことをやる


    まずは手っ取り早く、気持ちを切り替える方法です。趣味などの好きなことをして、気を紛らわし、彼のことを考えすぎないようにすることが大切です。

    しなければならないことをするよりも、「したい」と思えるような趣味や好きなことを探しましょう。好奇心が湧いたり、集中できることでなければ意味がありません。

    彼への「好き」とは違う好きなことを見つけて、うまく意識を分散させるようにすると良いでしょう。

    信頼できる友人に相談する


    あなたの中にある「辛い…」という気持ちを、口に出してみることも良い方法です。

    自分の中でその辛さをため込んでいては、ネガティブに考えたり苦しくなったりしてしまいます。不安や心配に思っていることを信頼できる友人に相談すれば、気持ちが楽になる場合もあるでしょう。

    気持ちを誰かに分かってもらったり、聞いてもらうだけでも、その辛さが緩和されるはずです。

    彼に思いを伝える


    彼に、好きすぎて辛いという思いをそのまま伝えるのも一つの方法です。

    ただし、もし片思いの段階であれば、それが告白になります。告白することで、結果的に実ることもあれば、断られてしまう可能性ももちろんありますよね。「好きすぎて辛い…」という状況から抜け出してしまいたいなら、振られることも覚悟の上で思いを伝えてしまいましょう。

    気持ちを伝えたことで、自分の中でスッキリしたり、次のステップに進める可能性もあります。ただじっと気持ちをため込んで、そこに辛さを感じるのであれば、告白してしまうことも方法でしょう。

    アクティブに行動する


    彼のことばかり考えないよう、あえて忙しくしてみるのも良いでしょう。

    例えば、友達からの誘いを断らず、すべてに出向いてみるのも良いです。あるいは仕事の時間を増やして、暇になる時間を作らないようにしてみるのも良いでしょう。

    アクティブに動き回ることで、彼への意識を減らします。思い出す時間や余裕をあえて自分からなくしてしまうことによって、「好き」が暴走しないようにしてみましょう。

    辛いと感じる原因を解消する


    先述したように、好きすぎて辛いと思うには、必ず原因があるものです。彼が同じくらいの気持ちを返してくれないことが原因かもしれませんね。あるいは、好きすぎて勝手に妄想し嫉妬することが原因だったりと、辛いと感じる原因がなにかしら存在します。

    それが不安から来るものなのか、それとも求めすぎか、彼がいなくなることへの恐怖心なのかを見極めて、その原因を解消するべきです。

    彼でなければ埋められない原因であれば、彼にぶつけてみましょう。しかし、逆に自分の中の問題であれば、彼に求めず自分と向き合ってみるのです。ただただ「辛い」と思ってじっとしているのではなく、そもそもの原因を追究し、解消していく努力も必要でしょう。

    彼が喜ぶ方法で行動に移す


    あなたの大きなその「好き」を、彼にとってプラスとなる方法で行動に移してみても良いです。

    彼と付き合っているなら、彼が喜ぶような手料理を作ってあげたり、二人の思い出を一つの動画にしてプレゼントするなどしても良いでしょう。あくまで彼が喜ぶ方法で、あなたの気持ちを行動で示すのです。

    気持ちを行動で示せば、あなた自身「伝えられた」と満たされるでしょうし、それによって彼も喜んでくれれば一石二鳥ですよね。「辛い」となる前に、その思いを行動で示してみると良いでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)