【可愛いツンデレセリフ&言葉集】胸キュン必至な台詞を一挙大公開!

  • ツンデレな台詞&言葉の注意点!

    言葉とは裏腹に愛が詰まったツンデレな台詞ですが、場合によっては注意も必要です。

    では、どんなことに注意が必要なのでしょうか?見ていきましょう。

    ツンデレな台詞が苦手な人もいる


    男女ともに、ツンデレのギャップとかわいらしさにキュンとさせられる人は多いのですが、中には苦手な人もいるようです。

    言動が一致しないので、やきもきさせられたり、白か黒かはっきりさせたい人には不評かもしれません。

    自分の気になる相手がどちらか見極めることが必要ですね。

    言葉によっては冷たく聞こえることも


    照れ隠しの「本当にバカね」「お前の面倒は俺くらいしか見れないだろ」などは、状況をよく知らない第三者には、ただただ冷たく聞こえるかもしれません。

    またあまりに度が過ぎると、相手のプライドを傷つけかねません。

    「大切な人にそこまで言われたくない…」なんて悲しい思いをさせないように、さじ加減に注意しましょう。

    漫画やアニメの台詞を再現しすぎないこと


    漫画やアニメで気に入った台詞があっても、それをそのまま使うのはちょっと待って。あまりにコテコテ過ぎて相手に引かれないかどうか、一度考えてみましょう。

    特に、台詞の「そ、そ、そんなこと…」のような言葉のつまずきをありのままに再現するのは、わざとらしさが出てしまいがちです。必要以上の上から目線にも注意しましょう。

    天然な女子や鈍感な男子は相性に注意


    相手が天然・鈍感な性格なら、発した台詞をそのままの意味で受け取る可能性があります。落とし物を拾ってあげたり、困っているところを助けたり、親切にしたのに素直に感謝されなかったら、「私のこと嫌いなのかも」と思ってしまうかも。また、鋭い言葉が心に突き刺さってしまうかもしれません。

    このようなタイプの人には、素直に「ありがとう、助かったよ」と言ったほうがずっと印象がよいでしょう。

    逆に、自分が察するのが苦手なタイプなら、ツンデレな相手を攻略しようとすると疲弊するかもしれません。

ツンデレについて理解することができましたか?

台詞の一言一句、態度の一挙一動が魅力的な、ツンデレな男子・女子との恋愛。片思い期間はいつもドキドキ、キュンキュンさせられるでしょう。また、晴れて両想いになって心を許した時に、デレ率が上がる姿も見ものです。

好きな人との会話が自然とツンデレになっちゃう人でも大丈夫。そのままのあなたにキュンキュンきている相手が、もうそばにいるかもしれません。

上級者は、わざとツンデレな台詞や態度を仕掛けて、恋愛にスパイスを効かせましょう。あと一押しな時にも、マンネリ気味な時にも、刺激になりますよ。
Photo:All images by iStock