顔にほくろが多い原因とは?意外なメリットやほくろ占いも紹介!

  • 顔にほくろが多い場合の対処法!

    顔のほくろがすでに多い場合は、どのように対処していくべきなのでしょうか。多いほくろを少なくすることができるのか、一緒に考えていきましょう。

    メイクで隠す


    顔のほくろが多い場合、まず手っ取り早くできるのは「メイクで隠す」ということです。ほくろの多さをごまかすというよりは、顔全体のほくろを分かりにくくするというイメージでしょうか。

    顔のほくろが多い人に一番おすすめなのはコンシーラーです。使い慣れていない場合は、能面のように不自然にならないように注意しなければなりませんが、確実に顔のほくろが多いことをごまかしてくれるアイテムだと言えるでしょう。

    メイクでほくろをごまかすのは、誰でもすぐにできる方法ですので、ぜひ実践してみてください。

    ほくろを除去する


    顔のほくろが多いことに対して、周囲から「悩む必要はない」「それも個性だから受け入れるべき」などと言われたことはありませんか。しかし、見た目に関しては、悩んでしまうのが女心でもあるのです。

    ほくろがあまりに多いと感じているのなら、ほくろを除去することを検討してみてもいいかもしれません。ほくろ除去手術は安価で簡単にできる時代になりましたので、とりあえず相談だけしてみてもいいでしょう。多いほくろが消えると「なんで今まで悩んでいたのだろう」と思うかもしれません。

    後悔のないように、いくつかの病院に相談し、手術するかどうかをじっくり検討してみましょう。

    スキンケアにこだわる


    顔のほくろがすでに多い場合は、スキンケアで顔の皮膚をきちんとケアしましょう。紫外線対策や肌のターンオーバー正常化に特化した、シミ・そばかす・ほくろ対策用のクレンジングや洗顔料、化粧下地を販売しているブランドも多く存在します。

    「ほくろが多いのは仕方のないこと」と諦めずに、スキンケアをしっかりして肌をケアするようにしてくださいね。

    気にしない


    「顔のほくろが多いことを気にしているのに、気にしないで!なんて適当すぎない?」と思ったかもしれませんね。しかし、顔のほくろが多いかどうか、他の人に意見を求めたことはありますか。本人は手鏡などで至近距離から顔のほくろを見ることが多いので、どうしても小さなほくろまで目に入りがちです。

    そんな時は信頼できる家族や友人に相談してみましょう。相手から見ると、そこまで多いとは感じないかもしれません。そもそもほくろが多いことは、必ずしも悪印象になるとは限りませんので、コンプレックスに感じる必要があるのかどうかを考えてみてください。