顔にほくろが多い原因とは?意外なメリットやほくろ占いも紹介!

  • 顔のほくろが増えやすい人の特徴

    顔のほくろは誰でもが多いわけではありません。顔のほくろが多い人と少ない人とでは、何かが違うはずです。顔のほくろが多い人の特徴を見ていきましょう。自分に当てはまる特徴がないか、確認してみてください。

    外にいる時間が長い


    日常生活において、外出する機会はどのくらいありますか。外回りの営業や保育士などの職業だと屋外で過ごす時間が多いですし、プライベートで外出することが多ければ、やはり紫外線をより多く浴びることになってしまいます。

    人にはそれぞれ生活があるため、誰もが自由に外出を控えられるわけではありません。何かと外にいる時間が多い人ほど、ほくろができやすいと言えるでしょう。

    紫外線対策を行っていない


    10代の頃は「日焼けしてもすぐ戻るし」とお気楽に考えていた女性は多いでしょう。しかし、紫外線は浴びたその時だけの問題ではありません。紫外線を浴びたその時に炎症を起こすこともありますが、長年かけて影響が出てくる場合も珍しくないのです。

    紫外線対策は、若くても歳を重ねてからも行うようにしましょう。特にいつもむき出しの状態になっている顔は重点的にカバーするべきです。ほくろは紫外線が原因でできるものですから、必要以上に紫外線を浴び過ぎないようにしましょう。

    生理不順


    ほくろと生理不順に何のつながりがあるのだろう?と思う人もいるでしょう。しかし実際に、ほくろが多い女性は、なぜか生理不順などの婦人科系の症状で悩んでいる人が多いようです。

    女性ホルモンのバランスが崩れている状態だと、肌のターンオーバーがされにくく、メラニン色素が上手く排出されません。そのため、生理不順になるくらい女性ホルモンのバランスが乱れていると、顔にほくろができやすいと言えるでしょう。

    ストレスにさらされている


    男性も女性も、自律神経によって心身の健康を保っています。活動するための「交感神経」と休息するための「副交感神経」がお互いバランスを取りながら、ホルモンバランスを整えています。

    ストレスが溜まりすぎると自律神経が乱れ、睡眠不足や内臓の活動低下を招きます。そうなると、肌のターンオーバーなども正常に行われなくなり、メラニン色素が溜まりやすくなってしまうのですね。

    確かにストレスの多い人に、肌が綺麗なイメージはありません。心身が健康でないと肌も健康にならないのでしょう。

    睡眠不足


    つい夜更かしをしてしまうことは誰にでもあるはずです。見たいテレビを見た、飲み会に参加した、LINEでおしゃべりしていたなどで、気づいたらこんな時間になってしまった!という事態は日常茶飯事でしょう。現代人は、男性も女性も寝不足であることが珍しくありません。

    先ほど、自律神経が乱れると睡眠不足になると説明しましたが、逆に、睡眠不足が続くと自律神経の乱れを招くこともあり得るのです。良質な睡眠は疲労回復にもなりますし、ストレスも解消してくれますので、睡眠環境を整えるようにしてみてください。