顔にほくろが多い原因とは?意外なメリットやほくろ占いも紹介!

顔にほくろが多いことをコンプレックスに感じてしまう女性はたくさんいます。この記事を読んで、顔にほくろが多い原因や対処法などを知り、悩みを解消していきましょう。顔のどこにほくろがあるかで占う「顔のほくろ占い」も紹介していきますので、手鏡を持って自分の運勢をチェックしてみてください。

  • 顔にほくろが多いのが嫌!ほくろができる原因とは?

    鏡を手に取って自分の顔を見てみましょう。あなたの顔にはどのくらいほくろがありますか?一口に「ほくろ」と言っても、ほくろの位置や数、色や形に至るまで、人それぞれに特徴があるものです。

    ほくろがあること自体は、不思議なことではありません。しかし、顔に大きすぎるほくろがあったり、顔じゅうにほくろがたくさんあったりすると、どうしてもほくろに目がいってしまいますし、コンプレックスに感じてしまうこともあるでしょう。

    今回は、顔のほくろについて、原因や対処法などを探っていきます。顔のほくろが多いと思って悩んでいる人は、ぜひチェックしてみてください。

    「ほくろ」とは


    顔でなくても、人には体のどこかにほくろがあるものです。しかし、この当たり前のようにあるほくろの正体を知っている人は多くありません。

    メラニン色素を含んだ「メラノサイト」が密集してできたものを「ほくろ」と呼んでいます。

    ほとんどの新生児にはないと言われるほくろですが、生まれた後に紫外線などの影響により、メラノサイトが刺激されることで作られていきます。生活環境や遺伝などによってできる時期や量が異なりますが、一般的に3~4歳の頃に増え、その後は大幅に増えることはあまりないようです。

    ほくろには「先天性」と「後天性」がある?


    ほくろには、「先天性のほくろ」と「後天性のほくろ」があると言われているのですが、先天性か後天性かで、それがほくろなのかかどうかが変わってくるそうです。このあたりを説明していきましょう。

    母親の胎内にいる時に、皮膚が作られる過程で色素細胞が異常に増殖してしまうと、黒いあざのようになってしまいます。同じ色素細胞の増殖が原因でも、生まれつきの「先天性」である場合は「黒あざ」と呼ばれ、生まれた後にできる「後天性」のものは「ほくろ」と呼ばれるのです。

    したがって「先天性」をほくろというのは正しくはありません。「黒あざ」か「ほくろ」か、分けて判断するようにしてください。

    運勢がわかる「ほくろ占い」も


    占いが好きな女性も多いですが、ほくろで運勢を判断する「ほくろ占い」も人気です。人によって全く違うほくろの位置などを参考に運勢を判断するため、鑑定結果は千差万別だと言えるでしょう。ほとんどの人にほくろは存在しますから、誰にでもできる占いだということもメリットですね。

    占う時に注意してほしいのは、「生きぼくろ」か「死にぼくろ」かということです。生きぼくろは黒くツヤがありますが、一方の死にぼくろは盛り上がりがなく薄茶であったり、形がいびつであったりします。同じ位置にほくろがあっても、生きぼくろか死にぼくろかで鑑定結果が変わってきますので、注意して判断していきましょう。
  • 顔にほくろが多い…ほくろができる原因とは?

    体とは違い、隠すことがほとんどない顔にほくろがあると目立ちますよね。さらに顔のほくろが多い場合、コンプレックスに感じてしまうこともあるでしょう。そもそもほくろが多い人は、何が原因で多いのでしょうか。

    紫外線の影響


    紫外線を浴びるとメラノサイトが活発になります。メラノサイトが活発化し、メラニン色素が大量に作られることによって、ほくろができやすくなると言えるでしょう。紫外線は、ほくろができる原因の中でも、一番多い原因であると言っても過言ではありません。

    女性ホルモンの乱れ


    妊娠や出産など、女性ホルモンが大きく乱れる時期は、シミができやすいのをご存知でしょうか。ほくろも同じで、女性ホルモンが乱れてメラニン色素を正常に排出できなくなると、メラニン色素が蓄積され、やがてほくろとなってしまうのです。

    生活習慣の乱れ


    女性ホルモンの乱れは女性に関することですが、男性にも関わってくるのは「生活習慣の乱れ」です。ストレスや過食、寝不足など不健康な生活を送っていると、肌のターンオーバーが上手くいかないうえ、成長ホルモンが分泌されにくくなるため、メラニン色素が上手く排出できません。

    皮膚への刺激


    紫外線を浴びなければ、ほくろやシミにはならない気がしますが、ほくろやシミの原因は紫外線だけではありません。皮膚への刺激があると、皮膚を守るためにメラノサイトが活発になります。特に女性は、メイクをするので顔を刺激してしまいがちです。

    メイクをする時に、あまり強くこすらないようにするなどの工夫が必要だと言えるでしょう。