好きかどうかわからない…その原因と対処法とは?診断チェックも紹介

  • 好きかどうかわからないと感じる原因

    好きかどうかわからない、自分で自分の気持ちがわからない、と思い悩んでいる人は少なくないはずです。好きかどうかわからないときのモヤモヤした状態を解消するために、原因を考えてみましょう。なぜ好きかどうかわからないと感じているのでしょうか?

    好みのタイプとは違うから


    好きかどうかわからないのは、彼が自分の好みのタイプではないからではないでしょうか?そもそも彼を好きになった理由は何でしょう?顔がタイプだった?性格が良かった?一緒にいると安心できるから?一目惚れしたから?

    考えてもわからないという方は、もしかしたら恋に恋しただけであり、本当は彼のことを何とも思っていないのかもしれません。

    彼を好きかどうかわからないと悩んでいる人は、自分の好みのタイプについて考えてみましょう。そして、自分の好みのタイプと、彼のタイプを照らし合わせてみましょう。そうすれば自ずと答えは見えてくるはずですよ。

    恋愛から遠ざかっていたから


    彼のことを好きなはずだけど、好きかどうかのいまいち自信がないという人は、前の恋愛から期間が空いているのではないでしょうか?

    恋愛には、ちょっとしたコツやスキルが必要になる場合があります。そのため、人によっては恋愛からしばらく遠ざかってしまうと感覚が鈍ることも。本当は彼のことが大好きだけど、恋愛感情ってこんなものだっけ?好きって気持ちはこれだっけ?という疑問が頭をグルグルと回って、なかなか一歩を踏み出せない人もいます。

    友人に対する感情と変わらないから


    彼のことは好きだけど、その「好き」が仲の良い友人や尊敬する先輩や上司に対する気持ちとあまり差異がないときも、好きかわからないと感じてしまう人が多いです。ドラマなどでもよく「好きは好きだけど愛してはいない」というセリフがありますよね。

    好きという感情はとても複雑で、たとえ男女間であったとしても「友人として好き」「人として好き」「憧れの存在として好き」など、様々な「好き」があります。そのため、「彼のことは好きだけど、この好きという気持ちが恋愛感情なのかはわからない」と思い悩んでしまうのです。

    なんとなく付き合ったから


    告白されたときは彼氏がいなくて、その男性のことは嫌いではなかったから、とりあえず付き合ってみたという場合も、後々「好きかどうかわからない」と思い悩む原因となりやすいです。

    はじめはから「好き」という感情がなくて、付き合っていくうちに情だけが生まれてしまうパターンもあります。「好きかはわからないけれど、せっかくの縁だし」とずるずる付き合いを続けているという人も目立ちました。

    嫌いではないけれど、好きかと聞かれたらわからない、という本音を抱えたままモヤモヤしている女性は意外にもたくさんいるようです。