好きかどうかわからない…その原因と対処法とは?診断チェックも紹介

  • 好きかどうかわからないと感じる瞬間とは?

    相手のことを好きだと思っていたのに、ちょっとしたすれ違いやほんの些細な出来事で「好きかどうかわからない」と思ってしまうことはありませんか?その感情は、実は誰でも感じるものなのです。好きかどうかわからないと感じてしまう瞬間をいくつかご紹介します。

    相手の欠点を知った時


    「今まで知らなかったマイナスの一面を知ってしまったときに、好きかわからなくなってしまった」(21歳/女性/専門学生)、「イメージと全く違う発言や仕草を見たとき。一度それで冷めたことがある」(33歳/男性/営業職)など、今まで知らなかった一面や欠点を知った時に好きかわからなくなる人が多いようです。

    頼り甲斐があると思っていた彼が実は意外と小心者だった、癒し系だと思っていた彼女がたいへんな酒豪だったという程度のことなのに、好きかどうかわからなくなってしまったと語る人もいます。

    他の男性が気になるとき


    「他の男性にドキッとしたとき、好きかどうか自分の気持ちがわからなくなってしまった」(18歳/女性/学生)、「彼氏がいるのに他の男性のことばかりを考えるようになってしまったとき」(22歳/女性/メーカー勤務)というように、意中の彼以外の男性が気になってしまったときに、好きかどうかわからなくなってしまう人も多いです。

    片思い中の男性がいるのに、他の男性のちょっとした行動や発言にドキッとしてしまったときや、彼氏以外の男性のことばかり考えてしまうようになったときに、「自分で自分がわからない」と思い悩んでしまうのです。

    相手にトキメキを感じなくなったとき


    「大好きな人なのに、一緒にいても全然ドキッとしなくなったとき」(22歳/女性/営業職)、「ずっと片思いをしていた彼にトキメキを感じなくなったとき」(24歳/女性/医療関係)など、意中の彼に対してドキドキしなくなったときに、好きかどうかわからなくなるったという人もたくさんいました。

    特に、付き合いが長い彼氏の場合、そばにいるのが当たり前になってしまい、ちょっとしたことでは幸福感を味わえなくなってしまうのです。「空気のような存在」といえば聞こえは良いでしょうが、トキメキを感じない相手と恋愛を楽しめるだろうかと考え始めると不安になりますよね。

    一緒にいても楽しくないとき


    「惰性で一緒にいるのだと気がついてしまったとき」(27歳/女性/営業職)、「別に楽しいとも思わないのに、何となく一緒にいるな…と気がついてしまったとき」(20歳/女性/大学生)というように、彼と一緒にいても楽しくないという自分の気持ちに気がついたときに、好きかわからないと感じてしまうようです。

    「一緒にいても楽しくはないが、離れてしまうのは不安」「ずっと片思いをしている相手だから、今さら彼と距離を置く勇気もない」というように、情に流されて一緒にいるという人も少なくはありません。

    その状態でも幸せを感じられるならばいいでしょう。しかし、ただ情に流されているだけだったり、自分のプライドのために一緒にいるだけという場合は要注意です。本当に好きかどうか真剣に考えたほうが良いでしょう。