伊達男の意味・語源とは?女性にモテる「伊達男」の特徴も解説

  • イタリア男性がお手本?「伊達男」ファッション事情

    渋い色合いにちらりと見える色気、落ち着いた大人っぽいファッション。これを満たしているのが、イタリアの男性のファッションです。

    伊達男のファッションのお手本ともなっている、おしゃれの聖地イタリア男性のファッション事情について知っていきましょう。

    イタリアはメンズファッションの聖地


    スーツはビジネスシーンで使われることが多いですが、いまやメンズファッション全般に使われる時代。ビジネスシーンで使われていたスーツをファッションに取り入れたのが、メンズファッションの聖地、イタリアです。

    イタリアがメンズファッションの聖地と呼ばれている理由は、外面だけで格好をつけないことにもあります。イタリアのメンズファッションは、服の生地の素材など「服の内面」にも気を遣っているからです。

    外見だけではなく内面に気を遣うのは、伊達男の本質と変わりません。内面に気を遣ってこそ、外見がよりかっこよくなります。

    イタリアのメンズファッションの特徴


    イタリアメンズファッションの最大の特徴は、スーツが日本とは違いかなりおしゃれであること。日本ではスーツはビジネスシーンで使われる方が多く、あまりおしゃれで着ている人は見かけません。ですが、イタリアの男性はかなりおしゃれにスーツを着こなしています。

    そもそも、イタリアにはおしゃれスーツが多くあり、日本とはちがいカジュアルな作りのものも多いです。デザインはもちろんですが、生地もカジュアルなものが多く、薄手のものもあります。なので、イタリアでは夏でもスーツがおしゃれに使われているのが特徴です。

    また、下はジーンズをはいていても、上下の色合いは崩しません。紳士的な統一感のあるファッションをすることが、メンズファッションの聖地イタリア男性の特徴でもあります。

    イタリア製は伊達男ファッションに向いている


    真夏になると、ついついTシャツだけというお手軽ファッションをしたくなりますが、伊達男はそうするわけにはいきません。とはいえ、猛暑日の続く日本で夏にスーツを着るのは、かなりきついものです。

    しかし、メンズファッションの聖地イタリアでは、夏でもスーツスタイルを崩しません。それはなぜかというと、イタリアの生地の仕立てがかなりいいものだからです。先ほども触れたように、イタリアではカジュアルなスーツがポピュラーなので、スーツの生地も柔らかく薄いものがあります。

    イタリア製のファッションは春夏秋冬いつでもおしゃれなスーツを着やすく、「伊達男ファッション」にかなり向いているといえます。やはりいい男も服も、内面がいいのです。

    小物にも注目したいイタリアの伊達男ファッション


    メンズファッションの聖地イタリアと言われるだけあり、イタリアの男性は小物使いもかなりおしゃれです。その代表的なアイテムが、ハットとサングラス。

    日本ではスーツはビジネスシーンで使われることが多いので、スーツにハット、スーツにサングラスといった組み合わせは、あまりポピュラーではありません。ですが、イタリアではこれらの組み合わせは、非常にポピュラーなファッションです。

    特に中折れハットはイタリアでもかなり人気のアイテムであり、かぶるだけでスーツがかなりおしゃれなものに変わります。大人の魅力あふれる伊達男ファッションに、ハットやサングラスといったアイテムは必要不可欠です。