伊達男の意味・語源とは?女性にモテる「伊達男」の特徴も解説

  • 「伊達男」の類語とは?

    「伊達男」という言葉に耳なじみはないけれど、そういう男性を見たことがある。そういう人は、類義語を調べてみると、伊達男のイメージがもっと明確になるかもしれません。「伊達男」の類義語をご紹介します。

    きざ


    自分に自信があってナルシスト気味、おしゃれで格好をつけた男性というと、この言葉を思い浮かべる人もいるでしょう。

    少しひねった格好つけたセリフのことを、「きざなセリフ」などと形容することがあります。格好つけたという意味では、「きざな男」も「伊達男」も同じです。

    ですが、大きく違うのが、「きざ」は悪い意味でつかわれることが多いということ。どちらかというと、「格好つけで鬱陶しい」と思ったときに使われることが多いです。格好つけに成功している人が「伊達男」、失敗している人が「きざな男」と使い分けるといいでしょう。

    ダンディー


    渋い男性を形容する言葉と言えば、「ダンディー」という言葉もおなじみでしょう。「ダンディー」とは、余裕のある身なりやかっこいい趣味などを持っているさまを指します。

    伊達男と決定的に違うのは、ダンディーは女性を指すこともある、ということです。また、ダンディーと呼ばれる人たちは、そういったふるまいをしておきながら、無頓着であるふりをしています。

    伊達男とは意味も似ていますが、微妙に意味が違ってくるので、使い分けができればベストです。ですが、おおむね同じ意味ととらえてしまっていいでしょう。

    ナイスガイ


    ダンディーよりも少しフランクに聞こえる、「ナイスガイ」という言葉。これは主に、外見のことを指して言うときに使われることが多いです。たとえば、男前であったりイケメンであったり、広義の意味での「外見がかっこいい男性」のことです。

    内面のかっこよさも求められる伊達男よりも、簡単に使うことができます。しかし、「外見がかっこいい」という意味で「ナイスガイ」を使う場合、注意しなくてはならないことがひとつ。実はナイスガイは、海外では「内面がかっこいい」という意味でつかわれます。

    伊達男は内面も外見もかっこいい男性ですが、「ナイスガイ」は国によって、内面を指したり外見を指したりするので、注意しなくてはなりません。すべての国の「ナイスガイ」を満たした男性こそが「伊達男」だと言えるでしょう。

    洒落男


    「洒落」という言葉の漢字を見ればわかるように、身なりを気にしているおしゃれな男性のことを指します。実はこの洒落男という言葉、アメリカ合衆国で作られたポピュラー・ソングの和訳なのだそう。

    元の歌詞自体は、実はあまりおしゃれな男のことを表現したものではありません。田舎から都会に出てきた男性が、とある店で女性を口説きます。ここまで聞くと伊達男のようなかっこよさを感じますが、結果的に男は女性の亭主にボコボコにされてしまう、というものです。

    外見はおしゃれということですが、内面は伊達男とは程遠い内容となっています。