伊達男の意味・語源とは?女性にモテる「伊達男」の特徴も解説

  • 「伊達男」に共通する特徴《外見編》

    内面のかっこよさは外面にも出てくるもの。伊達男とは、中身だけではなく、外見もおしゃれでかっこいいものです。伊達男が外見までかっこいい、その秘密に迫ります。

    ジャストサイズな服


    いかにも窮屈そうな服を着ている人と見ると、「この人は自分の体型もわかっていない人なんだな」と思ってしまいます。逆に、だらんとしただぼだぼな服を着ている人にも、なんだかだらしない印象を持ってしまうものです。

    伊達男はそのどちらでもありません。きちんと自分の体型にあった、自分に合う服を着ているので、よりかっこよく見えます。

    自分に合った服を着ているからこそ、変に気取らないかっこよさが出てきます。伊達男のファッションは、服に着られているという印象を与えず、スマートな印象を与える「大人のファッション」です。

    アクセサリーは控えめ


    ファッションやおしゃれに敏感な人の中には、アクセサリーに凝る人もいます。しかし、アクセサリーをじゃらじゃらつけていると、見た目がうるさい印象になり、少し近寄りがたい雰囲気を出してしまいます。

    とはいえ、身につけている点数は少なくても、ギラギラした色の大きなアクセサリーだと、よほどのファッションセンスがない限り、アクセサリーだけが浮いてしまいます。ちょうどいいアクセサリー選びは、案外難しいものです。

    伊達男は、アクセサリーのちょうどいいつけ方をきちんと把握しています。控えめなアクセサリーを付けることによって、わかる人にはわかるような、「大人の雰囲気のおしゃれ」をすることが特徴的です。

    色合いは渋く


    伊達男には、大人の魅力が欠かせません。ギラギラした色合いのファッションも、さわやかな色をしたファッションも素敵ですが、伊達男はそのどちらでもありません。伊達男が好むのは、大人っぽい渋い色合いです。

    例えば、水色のさわやかなシャツを着ている人は清涼感があってかっこいいですが、大人の魅力があるとはいいがたいです。

    では、黒いシャツや、茶色、白などの落ち着いた色合いだとどうでしょう。仕事ができる大人の男といった印象を与えます。これが、伊達男ファッションの特徴です。

    堅すぎない秘訣はチラ見せ


    先ほどシャツを例えに出しましたが、伊達男のシャツは一味違います。白いシャツをきっちり着ていたら大人っぽい印象を受けますが、サラリーマンっぽくもあり、着方によっては仕事着のイメージが大きくなってしまいます。

    伊達男はチラ見せがうまく、シャツであったら手首がチラッと見えるような、大人の色気が漂うシャツを着ています。これが「ビジネスマンファッション」と、「大人の魅力がある伊達男ファッション」の大きな違いです。

    伊達男ファッションをしたいのであれば、手首や足首がちらりと見えるような、チラ見せファッションを使いこなしましょう。